血糖値を下げるための予防と対処方法

高血糖が気になる人
健康診断で血糖値の上昇を指摘された人、
血糖値の上昇は高血圧、糖尿病の原因ともなります。

 

食生活の改善、肥満予防、ストレスを溜めない、
これらはとても大切です。

 

早めの対策が大切ですね

 

 

 

血糖値が高いと糖尿病の危険性が高まる !?

健康診断で血糖値が高いという結果が出てから
血糖値は下がりましたか?
たぶん、血糖値が下がっていないという方が多いと思います。

 

一時的に血糖値を下げる事ができた場合でも
少し油断するとすぐに血糖値が上がってしまう。。。
血糖値を改善させることを願っているなら
徹底的に生活習慣を直してしていくことが不可欠です。

 

血糖値対策にサプリは必要なのか?

 

血糖値を下げることを願うなら、
サプリメントを摂る必要性はあるのか?
という点だと思います。

 

 

このことは、正直な事は言ってしまうと
すごく需要という訳でははないと考えます。
それは、サプリだけに頼らず
軽い運動習慣と軽い糖質制限が出来るかだと思います。

 

軽い糖質制限は、1食当たり約40gの糖質で
1日で早ければ糖質を120gまで減らせる物ではないでしょうか。
ちなみに、日本国民の一般的な1食当たりの糖質は
70g〜100g程度ぐらいなので
現在の半分ぐらいと考えるというのではなく、
血糖値で苦悩しているのであるから
半分以上の糖質を制限することが必要であると考えます。

 

 

要するに、それが出来るのならば一番良いですよね。

 

 

サプリメントを飲んだからと言って
週1回の運動や軽い糖質制限が実践できなくても
サプリが補ってくれると安心してはいけません。
あくまでも、サプリは糖の代謝を高める物なので、
今まで通りの生活習慣を続けていては改善する事は不可能です。

 

週末の休日に軽いウォーキングやジョギングを混ぜながら体を動かす事や
日ごろよりご飯をお茶碗2杯たべていたけど1杯にするとか。
食物繊維をしっかりちゃんと摂るようにする事と
それに合わせてサプリを飲む事がベストだと思います。

 

 

サプリメントに完全に頼るのはあまりおすすめできません。
あくまでも、補助というような狙いをもって
高血糖を改善していく事が大事なのではないでしょうか。

 

血糖値サプリに含まれる成分の働きとは

血糖値サプリに含まれている成分は、
血糖値を改善させるためにどのような働きをするのでしょうか?

 

各々のサプリメントに含まれている成分が
どのような働きをしてくれているのかシンプルにチェックしてみましょう。

 

何も分からずに貰ってしまうのは、よくないと思います。

 

血糖値を改善したいならば丁寧に情報として取り入れましょう。

 

 

アミノ酸ALAが糖の代謝を育生させる

 

アミノ酸ALAは、細胞内で糖を燃焼させる力を良くする成分です。

 

従来の血糖値サプリは、糖の吸収を抑える事を狙いとしていましたが、
吸収した糖を燃焼して消費するタイプでしょう。

 

 

ミトコンドリアが元気になって、疲労回復効果も期待ができると思います。

 

普段では取れない成分なので不足しがちですが極めて大事な成分です。
近頃、血糖値対策で期待を浴びている成分になるのです!

 

サラシア

 

糖の吸収を抑える 血糖値サプリの定番の作用は、
糖の吸収を抑えるやり方で主成分はサラシアとなります。

サラシアは、二糖類から単糖類(ブドウ糖)に分解する
α-グルコシダーゼの働きを阻害していきます。
そうすることで二糖類のまま大腸にいって
善玉菌の餌となります。

 

さらには、糖を吸収しないようにして体外に出す働きが考えられます。
糖を吸収しないようにするので、食前か食後では食前に飲むのがお勧めでしょう。

 

インスリン抵抗性を改善 インスリンを改善する成分もであります。
インスリン抵抗性をよくしてもちゃんとインスリン本来の働きを治そうという成分があります。
それに、インスリンと似ているような機能がある成分もあるから、
有効に血糖値の上昇を抑える事が期待できるのです。
血液中に見られるブドウ糖を細胞に取り込ませる働きがあるGLUT4の働きを活発化させます。

 

 

血糖値が高い状態はそのまま糖尿病など様々な病気に通じる危険を秘めているようです。
ですから、血糖値を下げるということが大切となりますが、
その上で大事なことは「生活習慣の改善」だと思います。

 

予めトライしてみたい点といえるのが食事だと思います。
かりに揚げ物や菓子類というような脂肪や糖質の多いものや
炭水化物を控えめに行うこと、
野菜第一の食事にすること、
それに栄養バランスを考えた食生活を送ることこそが土台です。

 

 

お酒においては飲みすぎないように注意することが大切です。

 

出来るのなら飲まないに越したことはないです。

 

それと共に大切となってくるのが「運動」となります。

 

ジョギングやウォーキング、水泳やサイクリング、
エアロビクスというような有酸素運動は血糖値を下げる為にの運動として効果的なものとなっています。

 

 

運動を行う場合については、空腹時は避けるようにするといいでしょう。
食後30分〜1時間が経過した場合血糖値が上がりますが
このタイミングが運動をスタートするうえで最適なタイミングといえるでしょう。。

 

また、それに、運動に関しては可能なら連日チャレンジするようにしましょう。

 

勿論激しい運動を行う必要はなく、
日々順調に続けられるレベルの運動を持続するということが重要なのです。

 

 

その次に大切となるのがストレスの解消でしょう。

 

ストレスは脳の下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモンを分泌させ、
それが血糖値を上げる要因です。
またしかも、ストレスは血糖値を上げる上、色々な病気の要因になると言えますから
ストレスをためずに効率的に解消常にすることも大事だと考えます。

 

 

このように、血糖値を下げるためには
生活習慣をトータルで見直すというのが一番大事な点なのだといえます 。

 

血糖値を下げる対策のサポートにおすすめのサプリ

 

血糖値を下げるためのサポートに
おすすめのサプリメントを検証してみました。

 

血糖値対策のひとつととして
サプリメントを取り入れるのもおすすめです。

 

血糖値を下げるサプリメントBEST5

 


白井田七(田七人参)

白井田七

om-x

お試し 980円/4粒入り×6
通常価格 6480円/1か月
定期コース 初回3,980円/1か月

2回目以降5,184円/1か月

白井田七(田七人参)の特徴

白井田七には、多くの栄養素がバランスよく配合されている田七人参が、98%も配合されています。
田七人参というのは、中国に生息している生命力が強い人参で、
数百年も前の時代から、貴重な漢方薬として健康維持や心身の滋養に使われています。
そして10年以上もの年月をかけて収穫された田七人参が使用されていますから、他の商品とはパワーが違います。

おすすめポイント!

白井田七には、身体の体調を整える為に必要な栄養素が、実にバランス良く含まれています。
その栄養素とは、糖をエネルギーにして巡りを良くしてくれるサポニン、
体内では作れない元気のサイクルを整えてくれる必須アミノ酸、
ポリフェノールの一種で巡りをサポートしてくれるフラボノイド、
それに、認知症を予防してくれるギャバなど、
19種類のアミノ酸と9種類の必須アミノ酸です。
さらに、ビタミンやカロチンも含まれていますから、
女性のキレイをサポートしてくれる効果もあります。
多くの栄養素の中でも、糖質が気になる方に必要な、
さらさらで健康な生活をサポートしてくれるサポニンは、高麗人参の7倍以上も含まれています。
それに、農薬を使わない有機栽培で、
田七人参が98%で残りの2%は繋ぎとして有機玄米が使われていますから、
添加物が全くなく、身体に優しくて安心して飲めるサプリメントです。

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 


アラプラス 糖ダウン

om-x

お試し 4,900円/30日分
通常価格 4,900円/30日分
定期コース 7,840円/60日分
アプラス糖ダウンの特徴

アラプラス糖ダウンは、高めの血糖値が気になる方の悩みを
まさに”一糖両断”してくれる機能性表示食品です。
日本初、機能性関与成分アミノ酸ALAが糖にアプローチしてくれる
から血糖値の不安を解消してくれるのが特長。
一般的な糖対策サプリは、よく「糖の吸収を抑える」ことで身体に糖を溜めないようにするのですが、
アラプラス糖ダウンの場合は、まさに新発想、
「吸収した糖をエネルギーに変えてくれる」という方法でアプローチ。
だからこそ血糖値対策としてだけでなく、
健康的な身体を支える「元気の源」を作り出してくれるんです。

おすすめポイント!

アラプラス糖ダウンのALAは1カプセルあたりしっかり15mg。
トマトだったら約150kg以上、ほうれん草だったら約93kg以上食べないと
このALA15mgは摂れないんだそう。
ALAの効果については臨床試験済み!
血糖値の処理能力が低い人ほど大きな改善が見られたんだとか。
つまりは、血糖値に対する不安が大きい人ほど効果を実感できた、ということなんですね。
1日1カプセル、自分のタイミングで摂れるから便利という声も多いです。

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 

 サラシア100

om-x

お試し 初回限定2,268円(税込)/定期コース
通常価格 4,536円(税込)/1か月分
定期コース 3,991円(税込)
サラシア100の特徴

サラシア100はトクホ認定されている小林製薬のサプリメントです。
サラシア100には特許成分として
ネオコタラノールが含まれています。
ネオコタラノールは食後の糖の吸収を抑え、
血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。

トクホであり、特許を認められていることから
その効果は科学的に認められています。
糖質は多くの食品に含まれており、
血糖値を上昇させる原因になります。
血糖値が気になる人の食事のサポートにおすすめです。

おすすめポイント!

サラシア100は一粒一粒の錠剤が
非常に小さくなっていることが特徴です。
粒の大きさはおよそ1cm以下になっており、
服用しやすい大きさです。
喉にことが心配な人も、安心して使用できます。
また薬剤にありがち痞えるな不快な臭いもほとんどありません。
食前に服用しても食欲を損なわず、
糖質に悩む人のサポートをしてくれます。
一度の服用は一粒となっていて、薬を飲むのが苦手な人でも安心です。
毎食後の服用が想定されているので、1日の服用数はおよそ3粒です。
飲むやすく継続しやすい事も人気の点ですね。
こうした薬剤は効果が出るまで時間がかかるので、飲みやすさは非常に重要です。

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 


ハイサラシア

ハイサラシア

om-x

お試し 1,080円/2週間お試し
通常価格 5,400円/30日分

初回限定4,320円

定期コース 10%割引(毎月お届け)
ハイサラシアの特徴

サラシアという植物は、多糖を分解する酵素
「αーグルコシターゼ」の邪魔をするんです。
ですから、多糖は分解されず、体に吸収されません。
その結果、糖は体の中での値が下がります。
また、多糖類の中のオリゴ糖は、
そのまま腸の中に棲む善玉菌のえさになり、
お腹の具合を整えるのに手を貸します。
余計なものが詰まっていた腸も、これですっきり。
糖の値も下がるし、お腹も調子よくなるし、一石二鳥です。
そして、たかま通販の「ハイサラシア」に使用しているサラシアは、
完全無農薬のインド産サラシアを国内で製造したものです。

おすすめポイント!

ハイサラシアにはサラシアの成分以外にもいろいろな成分が配合されています。
まずは紅景天という成分です。元気回復効果がありますが、血糖値の上昇も抑えてくれます。
次は、ショウガ。ショウガは体を温めてくれるという点が有名で、
風邪をひいたときに生姜湯を飲むことがありますが、ほかにも効能がたくさんあります。
その中でも、糖や脂肪の代謝を促進してくれる働きがあります。
肥満や糖尿病で悩んでいる人には、最適の植物です。
これで、健康診断の数値も改善する可能性が高いですし、
重かったお腹まわりも軽くなるかもしれません。

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 


サラシアプラス

サラシアプラス

om-x

お試し なし
通常価格 7,180円/1か月分
定期コース 6,462円/10%オフ
サラシアプラスの特徴

サラシアプラスはGMP認定工場で製造されているんです!
医薬品GMPに依拠した国内の工場で厳重な品質管理、
衛生管理の下で、最終放送まで一貫して製造されています。
配合成分はギムネマ、白いんげん抽出物、ウコン、オルニチン、
桑の葉、グアバ葉、パン酵母抽出物(グリコポリサッカライド)、
清酒酵母(sアデルシルメチオニン)、緑茶末……
パワーを相互的に高めてくれる理想的な組み合わせで、サラシアの力を高めます。

おすすめポイント!

栄養表示基準によるカロリーはなんとゼロ!
空腹時、食後など気になっている方、
健康診断の結果が心配になっている方、
糖のために何か始めたいけど続けられるか不安な方などにおすすめです!
サラシアには糖の働きを抑え、空腹時・食後の体の働きをサポートする効果を持っているといわれています。

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 


グラシトール


om-x

お試し 初回限定12,900円
通常価格 15,000円/1か月分
定期コース 10,380円
グラシトールの特徴

野菜のアイスプラントに含まれるピニトールが
グラシトール6粒に300mg配合。
モンドセレクション4年連続受賞している、
リピート率94%のサプリメントです。
アイスプラント以外にもビタミンB1、B2、亜鉛も配合。
糖質対策のほかに脂質対策、活力サポート,
若々しさのサポートをしてくれます。

おすすめポイント!

グラシトールには4つのポイントがあります。
一つ目はピニトール。アイスプラントに含まれる成分です。
アイスプラントは南アフリカ産の多肉植物。
厳しい乾燥した環境にも耐える機能性植物です。
二つ目は植物性インスリン。
ピニトールが豊富なブーゲンビリアはアーユルヴェーダでも使われてきました。
ピニトールは植物性インスリンとも呼ばれ、研究者からも注目されています。
3つ目はアイスプラントは滋賀県にある自社の野菜工場で生産しています。
室内での栽培のため、100%完全無農薬で栽培されています。
4つ目は亜鉛やビタミンB、11種の補酵素も配合しています。
亜鉛やマンガン、ビタミンB群はインスリンを作る上で
欠かす事ができない補酵素です。

さらにこの補酵素はピニトールの役割をサポートする働きをします。

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

 

高血糖の原因と高血糖によって起こる健康の問題

 

血糖値とは何なのか

 

生活習慣病といわれる糖尿病ですが、糖尿病であるかどうかは一般に血液検査を行い血糖の値を調べることで判断されます。
検査の結果が高血糖という血糖値が高い状態であれば、その程度によって糖尿病、もしくは糖尿病予備軍という診断が下されることになります。
この「血糖値」、よく耳にする言葉だと思いますが、具体的に何なのかよく解らないという方も多いのではないでしょうか。
血糖値について簡単に説明しますと、私たちの身体を流れる血液1デシリットルに含まれるブドウ糖の値のことをいいます。
血糖値の高い高血糖の状態が続くと、目には見えなくても様々な体の不調が引き起こされます。
ブドウ糖はフルーツに含まれているものもありますが、主なところでは私達の食卓に上るご飯やパン、麺類、砂糖などの炭水化物に多く含まれていて、それが体内の消化酵素によって分解されてブドウ糖になった後に腸から吸収されます。
こうして吸収されたブドウ糖は血液の中に送られて全身をめぐり、脳や臓器など身体にとって必要不可欠なエネルギーとなるのです。

 

インスリンと血糖値の関係

 

食事の後は血糖値が上がるのが当たり前です。
ただし、健康な人の場合では上がったとしても過剰に上がりすぎることはありません。
その理由は膵臓から分泌されるホルモン、インスリンの働きにあります。
膵臓のランゲルハンス島という組織の中のβ細胞から分泌されるインスリンが血糖値を調節してくれているのです。
健康な人の場合であれば、血液に送り込まれて全身をめぐっているブドウ糖はインスリンによって身体の細胞へとスムーズに運ばれます。
ところが太り過ぎなどで脂肪が多い場合は、インスリンがブドウ糖を血液から細胞へ運ぶ働きが鈍ってしまうのです。
そのために血糖値が調整されずに高い状態になり、さらにその状態が長く続くことで糖尿病へとつながってしまうのです。

 

高血糖は血管にダメージを与える

 

高血糖は健康に悪い影響をもたらします。
高血圧の原因は、ブドウ糖を多く含んだ高血糖の血液が長く血管内を流れ続けることによって血管に異常が起こるからです。
過剰なブドウ糖は血管の壁に張り付いて、それが原因となって活性酸素を発生させるのです。
活性酸素といえば、健康に良く無いものとして知っている人は多いでしょう。
活性酸素には身体を酸化させ錆びつかせてしまう働きがあり、血管を老化させてしまいます。
活性酸素によって障害された血管は動脈硬化を引き起こしたり、内側にはコレステロールが蓄積しやすくなったり、血流が悪くなって血栓もできやすくなります。
これらを原因として脳梗塞や心筋梗塞など、深刻な病につながる危険が高まりますから高血糖がどれほど怖いものかお解りいただけるでしょう。

 

いろいろあります、血糖値を上昇させるリスク因子

 

現代人の典型的とも言える生活習慣は血糖値を上げるリスク要因になる

 

血糖値を上昇させ、高血圧、糖尿病の原因となるリスク因子について紹介したいと思います。
主な例を挙げていくと、その多くが現代人の生活と密接に関与しているものと言えるのです。
いろいろな糖尿病の原因となるリスク因子をも引き寄せてしまっているというのが現状ではないかと思います。
糖尿病予備軍もしくは糖尿病のリスク因子を挙げていきます。
遺伝、過食、肥満、運動不足、アルコールの過剰摂取、
疲労、ストレス、不規則な生活習慣、加齢、薬物
といったモノ、本当に現代人の一般的な生活習慣ばかりが並んでいます。
あと女性の場合は妊娠といったモノもリスク要因に入ります。
思い当たる人もいるかと思いますが、順番に説明していきます。

 

遺伝、過食、肥満、ストレス、多くの人が糖尿病の原因となるリスク要因を抱えているのです

 

最初に遺伝についてですが縁者に患者がいるという人は糖尿病予備軍になりやすい体質だと言えます。
その体質というのはインスリンの働きが鈍くて血糖値が上昇しやすい体質を遺伝で親から受け継いでいるということが出来ます。
遺伝というのは対処しようがないと思っている人も多いのですが、実際にはその考えは間違っています。

 

仮に両親が糖尿病でも、過食、肥満に注意して健康的な生活をしている人は糖尿病の発症を予防することが出来ます。
糖尿病については遺伝による体質を克服できる可能性があるリスク因子ということが出来ます。
過食をした上に運動不足な人は肥満になるのは当然と言うことが出来ます。
いろいろな調査の結果、肥満体質の人というのは標準体重の人と比較して糖尿病予備軍、糖尿病になる確率が3倍から4倍程だといわれています。
アルコールも過剰に摂取すると食欲を増進させる、脂肪、塩分の過剰摂取に繋がる恐れがありますし、アルコールの過剰摂取は肝機能を低下を引き起こし生活習慣を乱す元凶となることは多くの人が知っていると思います。
アルコールの過剰摂取は糖尿病発症のリスク要因であり、爆弾の導火線とも言えます。
過労、不規則な生活によるストレスも大敵と言えます。
ストレスを溜めると血糖値は一気に上昇するといった研究報告が出ています。
過食、アルコールの過剰摂取、運動不足、ストレスと現代人は糖尿病のリスク因子が非常に多い生活を送っているといっても過言ではありません。

 

糖尿病の種類と原因

 

糖尿病の95%は2型糖尿病が占めている

 

生活習慣病の一つとして広く認知されている糖尿病ですが、糖尿病にはいくつかの種類が存在しています。
その主な種類には二つあって、一つは1型糖尿病、
1型糖尿病は、すい臓のインスリンを作る細胞が壊れてインスリンの分泌量が皆無かそれに近い状態になる種類、2型糖尿病はインスリンの分泌はされているものの、その量が不足してしまう種類です。
1型と2型の他にも、妊娠がきっかけとなる妊娠糖尿病や、他の病気などが原因でインスリンの分泌や働きが低下してしまう二次的な糖尿病があります。
糖尿病は生活習慣病としての認識が強いとはいうものの、すべての種類の糖尿病が生活習慣病に当てはまっているわけではありません。
日本において1型糖尿病は糖尿病全体の中でも僅かなものであり、実は全体のほとんど約95パーセントは2型糖尿病という状態です。
2型糖尿病の原因は遺伝的なことも無関係ではありませんが、カロリーの摂り過ぎ、運動不足などといった生活習慣が大きく関係しています。
カロリーを摂り過ぎている人、運動不足の人、糖尿病の値ほどではなくとも血糖値が高い人は糖尿病予備軍とも呼ばれます。

 

 

糖尿病と高血糖の進行、そして症状

 

糖尿病は自覚症状がなくても進行していく

 

糖尿病は、自覚症状が表れて気が付いた時は既に重症だった、ということも少なくない病気です。
それというのも、糖尿病の多くは自覚症状を感じないうちにもどんどん進行していくからです。
なんとなく体調が今一つと思っているうちに急に具合が悪くなり、入院して受けた検査によってそこで初めて自分が重度の糖尿病であることを知ったという人もいるのです。
このように、症状が現われた時にはすでに重度になっている場合が多々あり、それが糖尿病のとても恐ろしいところであるとも言われます。
もしも病院で血糖値が高めだと言われたら、決して軽く考えてはいけません。
個人差はありますが、糖尿病が進行すると身体が高血糖によるダメージを受けて自覚症状を感じるようになります。
現われた症状だけを見て糖尿病がどの程度進行しているかを判断できるものではありませんから、もしも高血糖に関係した症状を感じたなら軽く考えたり放置したりしないで、なるべく早めに病院を受診して検査を受けましょう。
症状の原因を正しく突き止め、少しでも軽いうちに治療を始めることにこしたことはありません。

糖尿病の典型的症状

 

参考までに、糖尿病、高血糖の典型的症状をご紹介しておきますと、まず、病気とは関係ないように思えるかもしれませんが「足がつる」ような症状もあります。
これは神経障害や血行が悪くなることで起こります。
もちろん健康な人でも「足がつる」ことはありますが、それとこれとでは原因が違います。
高血糖が続いた段階では「喉の渇き」を感じるようになります。
そのため水を沢山飲みたくなって、多尿になり、体重が減ります。
甘いものが食べたくなったり身体のだるさを感じたり、集中力が無くなるなどの症状も現れます。
進行した糖尿病では合併症も起こり、神経や血管が障害されることから痺れが出たり視力にも影響が現われます。