おいしく飲めて血糖値対策になるフィットライフコーヒー

血糖値は健康状態をチェックするときの大事なポイントになりますね。若い間は気にしていなくても、中高年では高血糖が気になる、という方が多いものです。血糖値が高い状態が続きすぎると血管に負担がかかり、ほかの重篤な病気につながっていく恐れがあります。血糖値をあまり急激に上げないようにするのもひとつの大事な工夫になります。
フィットライフコーヒーは見た目や味わいは普通のコーヒーですが、その中には難消化性デキストリンという食物繊維の一種を配合しています。難消化性デキストリンは、トウモロコシから作られる水溶性の食物繊維のことです。食物繊維を摂取すると、体内での糖の吸収をゆるやかに抑えて、血糖値の上昇を抑制してくれる効果があります。難消化性デキストリンはコーヒーの味わいを損なうことなく、その役割を果たしてくれます。フィットライフコーヒーは消費者庁が認めている特定保健用食品いわゆるトクホです。
フィットライフコーヒー1杯には6.7gの食物繊維が入っています。これはレタス2個分に相当するほどの食物繊維の量です。毎日飲んできたコーヒーをフィットライフコーヒーに置き換えるだけで効率よく食物繊維を取ることができますね。血糖値の上昇を抑えるためにも、食事のときに一緒にフィットライフコーヒーを飲むのがポイントです。
フィットライフコーヒーの作り方はいたって簡単です。通常のインスタントコーヒーと同じように、カップに1包入れてお湯を注ぐだけです。個包装になっているので、会社などで飲むときにも便利ですね。マイルドでクセのない味で、誰にとっても親しみのある味わいになっています。飲んだ人たちの9割がおいしい、ふつうのコーヒーと同じ感じと答えています。
フィットライフコーヒーはすでに15年もの間にわたって支持されてきた商品です。サプリメントやドリンクでは続けにくかったが、コーヒーというなじみ深い飲み物なので何年間も続けていられるという声もあります。現代人にとって不足しがちな食物繊維を簡単に採れるうえに高血糖対策になるのが嬉しいですね。
「毎朝の食事のときにフィットライフコーヒーを飲んでいます。簡単にさっとつくれるので出勤前でもちゃんと飲むことができます。おいしくて続けやすいのがやはり大切ですね」「難しい食事制限ではなく、簡単に生活に取り入れられるのがいい。血糖値対策としてはすごく楽ちん」といった声もあります。毎日の食事に自然になじむという点がやはり長らく人気を集めている大きな理由のようです。