ダイエット効果・栄養価の高い桑の葉青汁

 

 

桑の葉をご存知でしょうか。
桑の葉は豊富な栄養成分を持つため、
昔から健康に重要だとして重宝されてきた作物です。
含まれる成分はカルシウム、マグネシウム、鉄、
カリウム、亜鉛、食物繊維、葉酸、β―カロテンのほか、
ギャバ、アミノ酸、ビタミンA、C、B1、B2、各種フラボノイド
などが含まれています。
桑の葉青汁が人気のわけは、
豊富な栄養だけでなくダイエット効果が注目されているからです。
体内に入った糖質は、糖質分解酵素によってブドウ糖や果糖に分解され、
小腸から吸収されます。
ところが桑の葉は糖質より先に糖質分解酵素と結びつく性質があるため、
糖質は分解されないまま大腸に運ばれ、
体外に排出されるのです。
糖質の吸収を穏やかにして、
体への溜め込みを防ぐことでダイエット効果を発揮します。
ダイエット目的で桑の葉青汁を飲む場合は、

食前、あるいは食事中に飲むのがおすすめです。
毎食ごとに飲んでもOKです。
桑の葉青汁には、
青汁で初めてMBPが配合されています。
MBPとは牛乳や母乳のほんのわずか含まれる高機能タンパク質のことです。
骨は体の他の部分と同じように常に新陳代謝を繰り返しています。
破骨細胞で骨を破壊しては骨芽細胞で骨をサポートしることを繰り返し、
新しい骨を作っています。
しかし骨の健康状態が悪くなると破骨細胞の活動が過剰になり、
カルシウムが溶け出してしまいます。
MBPは破骨細胞の働きを穏やかにし、
カルシウムを骨から逃さないことで骨の成長をサポートするのです。

 

大田胃酸桑の葉青汁を飲んでみました

 

 

注文して2日後に届きました。

 

 

桑の葉青汁は意外とコンパクト。

 

 

この小さな箱に15袋入っているみたいです。

 

 

国産桑の葉100%
MBPといえば雪印メグミルクの登録商標ですね。

 

 

原材料もシンプルです。
桑の葉粉末、抹茶、デキストリン、
ほうじ茶エキス末、乳たんぱく質、グァーガム。

 

 

1袋あたりのカロリーは6.14kcalです。

 

 

2グラム入りのスティックタイプの青汁が15袋入っています。

 

 

他の青汁などと比べてもコンパクト。

 

 

粉末の色は薄めの緑色です。

 

水にもサラッと溶けて、飲み心地は
さっぱりした味わいの青汁です。

 

クセもなく飲みやすいです。

 

水にも簡単に溶けますが
そのままにしておくと、
粉末が下に沈んでいくような気がします。

 

かき混ぜればすぐに混ざるし
すぐに飲んでしまえば問題ないですね。

 

豆乳や牛乳に混ぜるとさらに美味しくなります。

 

 

 

 

 

子どもから高齢の人まで、飲む人の年代に応じてMBPはサポートしてくれます。

 

10代なら骨を伸ばし、
30代は骨を維持し、
50代の人には骨を守ります。

 

成長期のお子様にも飲ませたい青汁ですね。
毎日続けられるように、味にもこだわっています。

 

日本一の抹茶どころ、
愛知県西尾市で生産された高級抹茶を使用、
上品で飲みやすい味にしています。
飲み方はいろいろです。

 

牛乳80〜120m?に桑の葉青汁1袋を入れて混ぜるとおいしい抹茶ミルクになります。

 

そのほかスープやポタージュなどのお料理に利用できますが、
MBP本来の力を発揮させるには熱調理せずに使用する方がおすすめです。
ダイエットしたい人、
野菜不足が気になる人、
年齢とともに骨や歯のことが気になり出した人に試していただきたい青汁です。

 

毎日無理なく続けられて栄養バランスもとれ、
しかもキレイになれる青汁。

 

毎日の習慣にプラスするだけで満足できる結果を手に入れられることと思います。

 

 

 

 

血糖値対策におすすめの

>>青汁ランキング<<