糖尿病の発病原因は生活習慣によるものが95%!

糖尿病と一口にいっても、その症状や原因によって4タイプに分かれます。

 

T型糖尿病

膵臓から通常分泌されるインスリンがほぼ無くなってしまう型

 

U型糖尿病

膵臓からのインスリンの分泌が不十分だったり、
効率的に身体に活かせなかったために起こる型

 

妊娠糖尿病

 

妊娠をきっかけにして発症する型

 

その他特定の機序や疾患によるもの

インスリンの分泌不足や満足に働かない原因が、遺伝子異常や内臓疾患、内分泌疾患、感染症や薬剤効果によってもたらされる型

 

現代では、糖尿病という病は生活習慣病のうちのひとつとして日本人の国民病ともいわれるほどのものです。
この場合にいう糖尿病とは、Aのタイプの場合を示します。とういのも、このU型糖尿病がすべての糖尿病患者のうち95%を占めるものだからです。T型は1〜3%に過ぎず、他もわずかな確率です。
U型糖尿病の場合には、遺伝的な要素を少なからず含み、それに加えて生活習慣の乱れにより発病する、というパターンが多く存在します。生活習慣の乱れとは、食生活が不規則であったり、運動不足、睡眠不足といったものを指します。糖尿病予備軍、という言葉を健診やニュース等で見られた方もおられると思いますが、これはこのU型糖尿病の発病疑いが強く持たれる人を指していうものです。

 

糖尿病のもたらす症状はこんなに恐ろしい

 

自覚症状がないままに糖尿病の病状は悪化していく

 

糖尿病が怖い病気だといわれる理由は、自覚症状を感じないままに病状が悪化していくことがままあるためです。
日常生活でどことなく気だるい、しんどい、と感じ出した途端に昏倒して入院し、即重度の糖尿病だと診断される場合もあるのです。自覚症状を感じたときにはもう既に重症であったり、合併症が進行しているケースが多いのが糖尿病の恐ろしさです。
ただ他の病気の例に漏れず糖尿病においても病状の現れ方には個人差があり、同じような症状を示していても、糖尿病のどの段階の病状であることもあれば、糖尿病以前の高血糖によるものであることもあり、医師の診断無しで判断できるものではありません。
ただひとつの目安として、血糖値が高く、糖尿病に伴う高血糖に凡例的にあらわれるこれらの症状に身に覚えのある場合には、早めに病院で診察を仰ぎ、正しい病状の把握と適切な治療を行っていくようにしなくてはいけません。

 

視力の低下、手足の痺れという身体に異常を感じ出す

 

糖尿病の類型的な病状のひとつであくまでも目安に過ぎませんが、ご紹介しておきます。

 

糖尿病以前の高血糖の状態において起こる一般的な身体への異常は以下のようなものです。
喉がやたらと渇く・水分を多く必要に感じる・頻尿状態である・体重が減少している、っそしてこれらのほかに、身体のだるさや疲労感が取れない、何事もやる気が続かない、甘い物を始終欲しくなる、というような状態も、高血糖のために現れる症状とされています。

 

そして糖尿病がさらに進行していくと、多様な形で合併症が発生してきます。たとえば、視力の低下や手足のしびれといったような、神経や血管に異常が生じたために起こる症状がその一例です。
また、就寝時に足がつったりこむら返りが起こるという、日常で稀に起こるような症状も糖尿病が引き起こる神経や血管の障害によるものである可能性もあるのです。