決して他人事ではない、命に関与する糖尿病の合併症について

糖尿病の3大合併症により足の切断、失明、人工透析になる危険性

 

 

糖尿病が本当に怖い理由はいろいろな合併症を引き起こす点だと言えます。
失明、足の切断といった深刻な症状が出るだけではなく、脳梗塞、心筋梗塞といった命に関係する病気を引き起こすリスクが高いのです。
脳梗塞、心筋梗塞というのは糖尿病でない人であっても症状が起こる場合があるのですが糖尿病の患者の場合は健康な人と比較して発症する確率が2倍から4倍も高くなります。
さらに糖尿病の3大合併症と言われる3つは糖尿病患者限定でみられる合併症と言うことが出来ます。

 

 

糖尿病神経障害

 

これは抹消神経が高血糖により傷害されることで発症する障害と言えます。
糖尿病が発症して3年から5年程で出てくるケースがあります。
一般的には足の痺れ、悪化したら痛みや熱さなどの感覚がなくなり、
足の先に怪我をしても気付かずに壊疽する恐れがあります。
感染が酷くなったら足を切断手術する羽目になってしまいます。
他にも自律神経が傷害されたことにより、眩暈、立ちくらみ、発汗異常、便秘、下痢、尿の排泄の異常ちった症状が見られます。

 

 

糖尿病網膜症

 

高血糖の症状が長期間続いた場合に眼球の内側を覆う網膜の毛細血管が傷害されて出血が見られます。
その症状に気付かずに放置すれば出血範囲は拡大して視力低下の症状が出てきます。
それが悪化したら大出血を引き起こし失明してしまう場合もあります。
毎年3000人以上の人が糖尿病網膜症により失明していて日本人の中途失明原因のトップと言えます。

 

 

糖尿病性腎症

 

 

腎臓の機能は血液をろ過して老廃物を尿により体外に排泄する役割をと言えます。
ですが高血糖の状態が継続したら血液のろ過をする腎臓内の糸球体と呼ばれる組織の毛細血管が傷つき機能が低下することで腎不全の状態となるのです。
その結果老廃物は体内から排出することが出来なくなり、場合によっては尿毒症と呼ばれる生命に関わる病気となります。
腎不全が悪化したら人工透析をして老廃物と水分を排出する必要があります。
新たに透析が必要となる糖尿病性腎症の人は毎年1万人以上も存在します。
あと命に関わる心臓病、脳梗塞の直接的な原因になる動脈硬化、急に倒れる糖尿病昏睡といった糖尿病の合併症は非常に沢山存在します。

 

糖尿病の治療というのはまさに合併症との闘いと言えます。