血糖値とはどんなものであり、これが悪いとどんなことが起きてくるのか?

 

糖尿病やそれに限りなく近い状態というのは、通常、”血糖値”の高さにより判断され、血糖値が高くなっていることを”高血糖”と表現し、それの度合いで糖尿病もしくはそれに限りなく近い状態、つまり、予備軍と判断するのです。
となれば、血糖値というものが非常に気になってくるかと思われます。
さらに、血糖値が高いことでどのような弊害が起きるのかも気になるところです。
これについて、次からお話していきます。


 

血糖値とは、血液内のブドウ糖の割合である

 

人は皆、食事をすることでいろいろな栄養を摂っています。
それらの中にはブドウ糖があるのですが、
ブドウ糖は米、パン、麺類のような穀物、
またはフルーツ、じゃがいも、砂糖といったものに沢山含まれている炭水化物の主な成分とされていて、
私たちの脳、筋肉にとっては、非常に重要な働きをしている栄養分です。

 

 

私たちの体内に炭水化物が入ると、
腸にてブドウ糖に変化するまで消化が行われたのちに吸収をし肝臓を経て血液へと送られます。
血液を送られることで、ブドウ糖が体内に存在する臓器あるいは器官に送り込まれることになり、私たちが活動する原動力となるのです。
血糖といえば、血液中のブドウ糖を指します。
そして、血糖値とは1dl中何mgのブドウ糖が含まれているかを表しているのです。

 

インスリンが働かないと血糖値が低くならない

 

血糖とは体内に入った炭水化物の消化や吸収によって、血液内に入ってきたものであるため、食事後はどんな人でも血糖値が上がることとされています。

 

ですが、大抵の人の場合、一定以上は上がらないのです。
それは、”インスリン”と呼ばれるものが関係しています。

 

インスリンというのは、膵臓に存在するランゲルハンス島と呼ばれるものの中のβ細胞から出されるホルモンであり、ブドウ糖が血中から細胞内部へ押し出されるような感じとなり、血糖値が一定以上とならぬよう調整しているのです。

 

ですが、肥満等により脂肪が多くなりすぎると、インスリンが働きにくい体へと変化し、細胞内部へブドウ糖が行きにくくなりますので、血糖値も下がらなくなってしまいます。

 

 

それにより、常に血糖値が高い状態が継続され、
長引くことで糖尿病へと悪化してしまうのです。

 

血糖値が高い状態が継続することで、血管にも悪影響を及ぼす

 

血糖値が高い状態が継続することで、血管に悪い影響が起きるとされています。

 

血糖値が高いということから、血液内にはたくさんのブドウ糖が存在している状態ですので、それが血管に付着してしまうのです。
付着したブドウ糖は血管の壁部分にあるたんぱく質と合わさることで化学反応が起き、活性酸素ができます。

 

活性酸素は、体に大きな悪影響を与える(血管の壁を酸化させる)ものとして知られており、これにより血管の壁面に異常が起きる、あるいはコレステロールが血管の壁に付着しやすい状態となり、動脈硬化となる原因ともなるのです。
また、血管の壁が正常でなくなると、今度はその原因を取り除こうと白血球、血小板が集まってきますが、逆にそれが原因で動脈硬化が悪くなる、血管が細くなる、
さらにひどくなれば、血管内部を閉じてしまうこともありますので、血糖値が高いと言われている方はくれぐれもお気を付けください。