血糖値を下げるためにするべき事とは

年齢とともに、血糖値で悩まれる方は多いのではないでしょうか。
健康診断で血糖値が高いと指摘されたり、
生活習慣病予防、糖尿病予防の為に、
食事の改善や運動など、日頃から意識している人も多いと思います。
しかし、毎日の継続はなかなか難しいものですね。

 

コツコツと生活習慣の改善を続ける事は大切ですが、
さらにサポートとしてサプリメントを摂取するのもおすすめです。

 

 

 

血糖値を下げたい人におすすめのサプリ

 

血糖値を下げる効果のサプリメントととしては
その成分は主にサラシアやピニトールといった成分が配合されたサプリが多いです。
サラシアとはインドのアーユルヴェーダで古くから糖尿病や肥満対策として使われてきたつる性の多年生植物です。
サラシアには脂肪の吸収を抑える効果や、糖質の吸収をブロックする効果があると言われています。

 

血糖値下げる効果があるサプリメントにはサラシアの成分が入ったものも
多いので、その中でも人気のものを集めてみました。

 

実際に血糖値を下げるためにサプリメントを飲んだ人たちの
口コミを集め、検証してランキングにしてみましたので参考にしてください。

 

口コミで人気の血糖値を下げるサプリランキング

 


白井田七

白井田七

om-x

お試し 980円/4粒入り×6
通常価格 6480円/1か月
定期コース 初回3,980円/1か月

2回目以降5,184円/1か月

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


白井田七の口コミ
体調が崩れにくくなったことが
主婦にとっては一番助かります。

 

白井田七を飲み始めて、肩こりや頭痛が激減しました。
週1回通っていたマッサージ店にもいかなくて済むようになりました。
更年期のしんどさ、どんよりさも気にならなくなりました。

 

飲み始めて数年たちますが、体の調子もよく
毎日楽しく過ごしています。
これからも飲み続けたいと思います。

 

更年期の悩みを解消したくて
飲み始めました。
2週間ぐらいたってから変化が現れました。
朝の目覚めがすっきりし、肌が以前より潤ってきました。
髪にもツヤがでてきました。

 

子どもが風邪をひいて高熱を出したのですが、
私は白井田七を飲んでいたせいか、
うつらずに元気に過ごす事ができました。

 

 

 


アラプラス 糖ダウン

om-x

お試し 4,900円/30日分
通常価格 4,900円/30日分
定期コース 7,840円/60日分

 

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

アラプラス糖ダウンの口コミ

 

48歳男性
糖ダウンは1日1回飲めばいいので
自分のリズムで忘れず飲み続ける事ができました。
病院の検査で血糖値が高いといわれて
ショックを受けました。
なにか良いサプリメントはないか、と探していた時に糖ダウンを見つけました。
糖ダウンは毎食後に飲む必要がなく、
1日1回自分のリズムで飲めるので
忙しくても忘れる事なく飲み続けています。

57歳女性
私は甘いものが大好きで、かつ運動嫌い。。。
検査で血糖値が高かったのでちょっと心配になりました。
アラプラス糖ダウンは1日1回飲めばいいので
簡単に続ける事ができました。
アラプラス糖ダウンを飲み始めてからの変化は甘いものがそれほど食べたくなくなった事です。
さらに以前は疲れやすかったのが体も軽くなり
ジョギングもするようになりました。

65歳女性
自分は大丈夫だと思っていたので
血糖値が高いと知ってショックでした。
とはいえ、毎日忙しく、外食も多いので
なかなか食事を気を付ける事ができませんでした。少しでも改善法があればとサプリを飲む事にしたんですが、糖ダウンは好きな時に1日1カプセル飲めばいいだけなので
飲みやすくで続けています。
これからはサプリだけに頼らずウォーキングをしたりと毎日の生活も見直していきたいと思います。

70歳男性
以前から血糖値が高く、成人病にもつながるので
とても不安でした。
糖ダウンは糖を燃焼してエネルギーに変えてくれます。
飲む事によって元気になれるのが素晴らしいなと思っています。
まだ飲み始めて1か月ですが、血糖値が少しでも改善されたらもっと快適な生活が送れるように思います。
これからも飲み続けてよい効果が現れる事を期待しています。

 

サラシア100

om-x

お試し 初回限定2,268円(税込)/定期コース
通常価格 4,536円(税込)/1か月分
定期コース 3,991円(税込)

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


サラシア100の口コミ

 

血糖値が上がってきて、食事制限を取り入れることを検討していました。
自分の好きなものは糖質を多く含むものばかりで食事の楽しみを失いかけましたが、
サラシア100のおかげで楽しい食生活を送れそうです。
以前のように暴飲暴食は避けますが、
健康的な食生活の第一歩として服用しています。
血糖値も穏やかになり気分上々です。

 

飲みやすい錠剤で助かっています。
以前、喉につかえた経験からお薬を飲むのに抵抗がありました。
しかし錠剤が小さく水と一緒ならほとんどつかえないので毎日助かっています。
飲む機会が多いものこそ飲みやすい錠剤で作って欲しいです。
あの嫌な感じを味合わずに服用できるサラシア100はとても便利に感じています。

 

健康診断のたびに血糖値が上昇しているのが気になっていました。
食事内容は特に変わっていないのですが、歳をとったのか運動不足のせいなのか。
いつも続けてきた食事を変えるのは精神的にも、日常のリズムを崩すことになり苦しかったです。
サラシア100を飲み始めてから、以前の食生活に戻しても血糖値は安定してくれています。
普通の生活が送れるようになって嬉しいです。

 

ダイエット目的で購入しましたが、目立った効果は出ていません。
食後の糖質の吸収が緩やかになるとのことですので、継続して効果を見ていきたいです。
体重の減少はまだ感じていないのですが、増加は食い止められたような気がします。
これから食事内容に気をつけるとともに運動もしてみます。
サラシア100は痩せるまでは飲み続けます。

 

 

 


ハイサラシア

ハイサラシア

om-x

お試し 1,080円/2週間お試し

 

通常価格 5,400円/30日分

初回限定4,320円

 

定期コース 10%割引(毎月お届け)

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

ハイサラシアの口コミ

今まで便秘で悩んでたのですが、
サラシアを飲んだら3日目くらいにすっきりを実感できました。
しかも大量に出てびっくりしました。残っている感じもしないので
本当にすっきりという感じです。これからも飲み続けたいです。

健康診断で気になっていた数値が、
サラシアを飲み始めたおかげなのか改善していました。
生活習慣病予防に継続して飲みたいと思います。

ハイサラシアを飲んだことでメタボ健診で引っかかっていたのに
セーフラインまで改善しました。あと一息という感じです。
これからも続けて飲みたいと思います。

ダイエットに良さそうと思って飲み始めました。
どうしても甘いものがやめられないし、パンやパスタも大好きです。
我慢しすぎると反動で食べてしまいそうなので
少し控えめにしながらハイサラシアを飲み続けました。
そしたら特別運動とかはしていませんが、体脂肪も体重も減りました。体が軽くなりました。

 

 


サラシアプラス

サラシアプラス

om-x

お試し なし
通常価格 7,180円/1か月分
定期コース 6,462円/10%オフ

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


サラシアプラスの口コミ

・血糖値が高いのが気になっていたのでサラシアプラスを飲むことにしました。
少しずつですが血糖値が下がってきています。美味しく飲んでコントロールしたい人にはおすすめです。

・健康診断の結果、糖尿病予備軍に診断されました。
サラシアプラスは血糖値をコントロールして生活習慣病予防、
健康診断の数値改善に役立つと聞いたので試してみました。
効果があるか半信半疑でしたが、
先日の結果では数値が改善していたので安心しました。これからも継続します。

 

・サラシアプラスを飲んでから体調が良くなりました。

 

・血糖値を下げるサプリメントを探していて
サラシアプラスを見つけました。
サラシアプラスを飲んでいるだけだと
やっぱり期待するほどの効果は出ていません。
食事も少しは見直さないといけないのかなと思っています。

 

 

 


グラシトール


om-x

お試し 初回限定12,900円
通常価格 15,000円/1か月分
定期コース 10,380円

公式サイトは

↓こちら↓

レビュー・口コミは

↓こちら↓


 

グラシトールの口コミ

66歳 男性

グラシトールを飲み始めて半年ほどたちますが、
ヘオグロビンの数値が少しずつ下がってきて
当初7.2ぐらいだったのが今では6.9ぐらいまで
下がりました。これからも続けていきたいと思います。

51歳 女性

グラシトールを飲み始めてから約6か月ぐらいです。
グラシトールを飲む前は空腹時での血糖値が150前後も
あったのですが、飲み始め今では120前後まで数値が下がりました。
いろいろなサプリメントを飲んできましたが、
効果を実感できず、すぐにやめてしまいましたが、
グラシトールはずっと続ける事ができました。
血糖値を下げる薬も飲んでいますが、
グラシトールも毎日朝晩3錠ずつ飲んでいます。
これからも数値も楽しみです。

47歳女性

半年前に病院で検査をしたら
血糖が121ありました。医師にも気をつけるように
言われましたが、なかなか生活の改善が難しく、
そんな時にグラシトールが目に留まり、試してみました。
飲み始めて4か月後、血糖の数値が108まで下がり、
びっくりでした、さらに効果があったのはお通じがすごくよくなったことです。

 

 

 

 

 

 

高血糖を予防するにはまず自分を知る事が大切

 

ご存知でしたか?40歳以上の日本人では、約5人に1人が血糖値が高めだという厚生労働省の調査結果が出ているんです。
自分は大丈夫と思いがちですが、高血圧は身近な、誰にでも起こりうる問題です。

 

特に、以下のチェックポイントが1つでも当てはまる方は、高血圧予備軍です!

 

★血糖値が高めの人にありがちな生活習慣
朝食を抜くことが多い
夕食の時間が不規則、または、夜遅い時間に食べることが多い
ついついおやつやお酒に手が伸びてしまう
野菜を意識的に食べていない
最近、運動不足を感じている
ストレスを感じることが多い

 

いかがでしょうか?

 

年齢を重ねれば重ねるほど、基礎代謝は落ちていきます。若い頃には消化し切れていた摂取エネルギーも、年を取るにしたがって消費しきれず、余分な糖が蓄積し、血糖値がどんどん高めになってしまうんです。

 

従来、血糖値の上昇を抑える食品といえば、糖の吸収を抑え、排出するものがメインでした。これに対し、新しい高血圧予防は、「糖ダウン」といって、糖を燃焼させ、エネルギーへと変える動きをサポートするものです。

 

サプリメントなどを摂取することも大事ですが、それに並行して、運動や食生活など生活習慣の改善をすることで、より効率よく結果を残せることができます。どれもほんの少しの改善が長年の健康習慣の改善につながって行きます。

 

そのためには、今のご自分の体や生活習慣を把握することが大切です。一般的には、定期健康診断は、1年に一度血糖値を測定することが多いですが、それでは改善のスパンとしては長すぎると思われます。3か月に1度は血糖値を測れば、ベンチマークになって、生活習慣改善にちょうどいい頻度です。

血糖値はどうして高くなるの?

 

現代の生活習慣によって血糖値をあげてしまうことになってしまう。

 

血糖値があがってしまうと、糖尿病になりやすくなってしまったりします。
ではそのような病気の原因となってしまう血糖値を上昇させてしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか?
主な理由を考えて見ますと、現代の私たちの生活に密着しているものが多いことに気づきます。
ですから私たちの生活は便利になっているものの逆に糖尿病になりやすくなってしまっているのです。
例えば、食べすぎ、飲みすぎ、運動不測、それによってなってしまう肥満体系、仕事のしすぎ、夜更かし、
薬に頼る生活、ストレスなどが血糖値を挙げてしまう要因
となります。また女性であれば妊娠も一つの要因になります。
上記に記した要因は誰でも思い当たるのではないでしょうか?
それで糖尿病を防ぐためにどんな事が出来るのか順に考えていきましょう。

 

遺伝や過食、仕事のストレスなど誰でも糖尿病になりかれない要因がある。

 

まず遺伝について考えますが、もし親や身近な親戚に糖尿病で苦しんでいる方がいると、糖尿病予備軍になりやすいと言われています。
その理由は、遺伝的にインスリンの働きが優れておらず、血糖値が上がりやすくなっているなってしまっているようです。
遺伝なので防ぎようはないと考えてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。
なぜなら近親者が糖尿病であっても、自分自身が食べすぎ、お酒の飲みすぎなどに気をつけていれば、糖尿病を防ぐことが出来ます。
考えて見ますと、両親から受け継いでいるのは体型だけでなくて食習慣も受け継いでいます。
それで、食習慣を改めず、運動もしないなら肥満していきます。
多くの調査で分かっているのは肥満体の場合、標準体型の人に比べて、糖尿病になったり、糖尿病の予備軍になる可能性が3-4倍になると言われています。
またアルコールは食欲を増進させます。特にお酒を飲んでいるときは、カロリーが高く、塩分の多いものをとりたくなる傾向があります。そうしますと体の調子を悪くしますし、飲みすぎによって肝機能も低下してしまいます。また睡眠の質も悪くなり、体力も下がっていきます。

 

また疲れや、睡眠不足、不規則な食生活などから来るストレスも血糖値を挙げる要因になります。
ある研究ではストレスを受けると、血糖値が一気に上がるという結果も出ています。
このように私たちがついついしてしまいがちな、食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動が不足すること、ストレスなど私たち現代人は血糖値を上げてしまい、糖尿病になる危険を増やす要因に囲まれていると言えます。

血糖値を下げるための運動

 

糖尿病予備軍や糖尿病の人は、血糖値をコントロールする為に食事療法と並行して運動を行うことが必要です。
なぜなら、以下の2点で運動が血糖値のコントロールに有効だからです。

運動することで、血液中にあふれたブドウ糖(血糖)はインスリンの助けなしに筋肉細胞に取り込まれます。ブドウ糖(血糖)が細胞内に取り込まれることによって、血液中の値を下げることができます。
運動によってインスリンなしで血糖値を下げることができるため、インスリンの節約になります。体の機能維持につながります。

 

また、運動は血糖値のコントロール以外にも以下のような効果があります。
@運動することで血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの量を減少させることができます。
血管のつまりを引き起こす中世脂肪や悪玉コレステロールの量が減ることで、血液の流れがよくなります。その結果、血栓ができにくくなり、ひいては動脈硬化なども防いでくれます。
A運動によって体内の脂肪が燃焼し、肥満を防ぐことができます。
B心肺機能が向上し、体を元気にします。
C運動によって筋肉が鍛えられます。その結果、体力が向上します。
D運動によって骨が丈夫になります。骨が丈夫になることで、骨粗しょう症の予防になります
E運動によって全身が刺激され、自律神経の働きが活発になります。頭痛などの不定愁訴を引き起こす自律神経失調症の予防になります。
F運動によって大脳が刺激され、認知症を防ぐことができます。
G運動することで気分転換ができ、ストレスを解消することができます。

 

 

このように運動は血糖値のコントロールだけでなく、健康的な生活を送るためにも非常に重要といえます。
交通手段の発達などで日常的に体を動かす機会が減った現代人だからこそ、運動を習慣化することが必要です。
なお、糖尿病予備軍や糖尿病の人の中で、運動が嫌いな人もいると思います。
ですが、運動の様々な有用性を実感していく中で運動することが苦にならなくなるはずです。少しずつでも運動を日常生活に取り入れていきましょう。


 

 

血糖値を下げるための食事

 

お肉は「蒸す」「ゆでる」を意識して

 

お酒と同じく、「糖尿病になったら禁止」と誤解されているのがお肉です。
お肉そのものが血糖値を上げるわけではなく、調理方によっては食べても良いのです。
ただし、お肉は脂肪と一緒に摂取するとカロリーが上がるため、
油を使わない「蒸す」か「ゆでる」を意識して調理しましょう。
また、こちらもお酒と同じで種類と量が重要なポイントです。
一回で食べる量を100gまでに抑えることと、
お肉の1.5倍の野菜を一緒に食べることを意識して、
毎食お肉を食べることも避けましょう。
お肉の種類は豚ももや鶏ささみなど、
脂肪分が少ないものを選んでください。
牛肉や豚ロース、ハム、ソーセージなどの飽和脂肪酸が多いお肉は、
悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロール値を上げ、
動脈硬化の原因になるので控えめに。

とはいえ、牛肉は絶対にNGという訳ではなく、
脂質の少ない赤身にしたり、脂身を避けるなど、脂質を多く摂り過ぎなければ問題はありません。

 

「さば」「いわし」「あじ」などの青魚に注目!

 

日本人の体は、インスリンを分泌する力が他の国の人と比べると弱いとされています。
それは、先祖の時代からの食習慣にあり、
飽和脂肪酸の多いお肉ではなく、多価不飽和脂肪酸の多い魚を食べていたからと言われています。
この多価不飽和脂肪酸が、糖尿病や合併症の予防に効果があると近年注目されていて、
実は血糖値コントロールの救世主なのです。
多価不飽和脂肪酸の一種であるEPAとDHAには、
血液の凝固を防いで血液をサラサラにしたり、中性脂肪を減らしてくれる効果があります。
ストレス抑制にも効果があるとされ、血糖値コントロールにも有効です。
EPAやDHAは、白身魚よりも、さば、いわし、あじ、さんま、ぶりなどの青魚に多く含まれています。
多価不飽和脂肪酸は体内では作れないため、積極的に青魚を食べて摂取しましょう。
そして多価不飽和脂肪酸は酸化しやすいので、抗酸化作用の強い大根などの野菜と一緒に食べることをおすすめします。

 

 

 

「イカ」「タコ」「エビ」「カニ」も実は善玉食品!

 

高コレステロール食品と言われ、メタボ予防のために控えたほうが良いとこれまで思われていた、イカやタコ、エビやカニですが、近年の研究の結果、生活習慣病を予防するアスタキサンチンやタウリン、クロムが多く含まれているために善玉食品として見直されてきています。

エビやカニ、鮭やイクラに含まれる赤い色素のアスタキサンチンは、
抗酸化力がとても強いために、体内の活性酸素を除去する効果のあるカロテノイドの一種。

さらに糖尿病腎症の抑制や動脈硬化の予防、ストレス抑制にも効果があると期待されています。
そしてイカやタコ、貝類などに含まれるタウリンは、
アミノ酸の一種で抗酸化作用のほか、
肝臓で胆汁酸の分泌を促進し、コレステロールの排泄を助ける働きがあります。

貝類で特に注目したいのが、あさりです。
あさりに含まれるクロムという成分が、インスリンの働きを高め血糖値を下げてくれます。

 

血糖値を下げる善玉野菜をプラス!

 

食物繊維は糖質の吸収を抑える効果があり、野菜が多めのメニューは血糖値コントロールの基本です。
どうせ食べるなら、血糖値コントロールパワーのある野菜を選んで、手軽により多くの効果を得たいですよね。
そこで取り入れたいのは、「緑の濃い野菜」「ネバネバ野菜」「白い野菜」などの善玉野菜です。

「緑の濃い野菜」である緑黄色野菜は抗酸化力が強く、活性酸素の作用を抑えてくれます。
「ネバネバ野菜」は糖質を排出し、血糖値を下げる効果があります。
「白い野菜」は大豆や大根などで、大豆は血圧の調整やコレステロール値を下る効果があり、
大豆が発芽したもやしには、不溶性食物繊維が豊富なので糖質や脂質を排出する効果もあります。

大根は根にも葉にも抗酸化力があるうえ、皮には脳卒中を予防するビタミンPが含まれるので、
捨てるところなく食べられます。
切り干し大根も食物繊維が豊富なので、作り置きにおすすめです。
簡単に野菜の栄養が摂取できると思われる野菜ジュースは、
実は食物繊維などを人工的に加えているので、野菜とは別物と考えてください。

 

 

「旬」の食材で血糖値を下げる

 

野菜のメニューを考える際に、
「善玉野菜だから」「年中手に入るから」と同じ野菜ばかりを使っていると、
同じメニューになりがちで飽きてしまうこともありますよね。
だからこそ、取り入れたいのが「旬」の野菜です。
「旬」の野菜は栄養価が高いだけでなく、
季節感があるメニューは食卓を華やかに彩り、
野菜選びも楽しくなるため、気持ちも健やかにしてくれます。

 

年中手に入る野菜の中にも「旬」の時季があり、
「旬」ならではの血糖値コントロール効果がある野菜もあります。
例えば玉ねぎ。
春に出回る新玉ねぎは生食に向いているため、
加熱に弱いイソアリインという成分を摂ることができます。
このイソアリインは、糖代謝を活発にして血糖値を下げてくれる効果があります。

秋のおすすめは食物繊維が豊富でほぼカロリーゼロのきのこ類。
その中でもマイタケには、D-フラクションとX-フラクションという独自の成分があり、
免疫力を上げたり、コレステロールの吸収を抑制したり、血糖値をコントローするル効果があります。
マイタケは年中手に入る食材なので、「旬」に限らず年中メニューに取り入るのが良いでしょう。

 

血糖値が上がりにくい食事方法

 

血糖値が上がりにくい「食べ方」とは?

 

食事を抜くのはNG!1日3回食事をしよう

「血糖値上昇の原因は食事=食事を抜けばいい!」という考えは間違っています。過度な空腹は、食欲増加につながり、食事量が増えてしまいます。食事量が増えると、余分な糖を摂取してしまい、血糖値の急上昇を招くことになります。また、食事を抜くことで、体が脂肪として栄養を蓄えてしまい、肥満体質になります。

最初は野菜から

食事の際、野菜を最初に食べることで、後で食べる主食の糖の吸収を穏やかにすることができます。これは、野菜に含まれる食物繊維の作用によるものです。食事の最初はサラダや副菜の煮物から食べることを心がけましょう。

 

 

よく噛み、ゆっくりと食事をとろう

脳にある満腹中枢が血糖値の上昇を感知することで、「お腹いっぱい」という満腹感を感じます。この満腹中枢が感知するまで、食事を始めてから30分ほどかかるとされています。満腹感を感じるまで、ゆっくりとよく噛んで食事をし、過度な糖質摂取を避けましょう。

 

この3つを意識して、食事をとりましょう。

 

最後に、江戸時代に起こった健康ブームの際に注目された書物「養生訓」より、健康で長寿の秘訣である食事のポイントを紹介します。

食事は腹八分目
塩分を控え薄味を心がける
過度な動物性たんぱく質の摂取を避ける
大豆食品を摂る(味噌など)
ストレスなく楽しく食事をする

 

このように、現代でも食事において重要視されている点が江戸時代から書物には書かれていたのです。日本人は昔から健康意識が高かったことがうかがえます。昔から大切にされている食事のポイントをこれからも意識して、楽しく食事を摂っていきましょう

 

サラダ油ではなくオリーブオイルを

 

この頃はコレステロールゼロ、コレステロールを下げる事を売りにした油といった健康への関心が高まっていますが、
血糖値が気になる人は抗酸化作用があり、血糖コントロールに効果がある成分のポリフェノールを含むオリーブオイルを使用することをお勧めします。

全部の料理でオリーブオイルを使用すると割高になってしまいますが、
サラダ油といった植物性油脂はコレステロール値を低げる効果がありますが、体内で酸化するので動脈硬化を促すリスクがあります。
それに対しオリーブオイルは不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸が含まれていて、この成分は体内で酸化しにくい上に血中コレステロール値を抑える作用があると言えます。
ごま油も同じ効果が期待出来るから
和食、中華料理といった風に料理により使い分けましょう。

 

善玉調味料であるお酢を使用して下さい

 

お酢は体にいいと昔から言われています。
そんなお酢は糖尿病予防に非常に効果的なのです。

お酢に含まれている酢酸は胃の中に食品を止める働きがあるから糖質が体内に吸収するスピードを抑え
食後に血糖値が急激に上昇するのを調整する作用があります。
またお酢の酢酸は酸性になりがちな体を弱アルカリ性にしてくれるから糖の代謝をアップし中性脂肪を減少してくれます。
交感神経を高める働きがあり、内臓脂肪を減少する作用も期待出来ます。
さらに高い抗酸化作用により活性酸素を除去する働きがあるので生活習慣病と老化を予防してくれます。
だから合併症やいろいろな病気のリスクを下げることが出来るのです。
吸収効率が良くないカルシウムの吸収をサポートしてくれるから
タコ、海藻といった善玉食品と一緒に酢の物にしたら
吸収効果が良くないカルシウムを効率的に摂取できます。
だから1日一品、酢の物を食べるようにしましょう。

 

スパイスを加えることで血糖値が低下

 

手軽に血糖値を下げたい人には
善玉野菜を一品プラス、調味料を変えることでズボラ血糖コントロールが出来ます。
ですがそれさえも面倒な人はもっと簡単な方法を伝授します。
必要な時間は1秒だけでスパイスひと振りすることで食事に血糖コントロール効果がアップします。

 

インスリンの分泌を促し血糖値を低下させるスパイスは香りがポイントです。
ニンニクの臭い成分のアリシンにはビタミンB1と結びつきアリチアミンとなり糖質代謝を促し血糖値を下げる効果があります。
シナモンにはインスリン分泌を増加し糖代謝をアップする成分が含まれています。
さらに知っておいて欲しいのが辛いスパイスです。
唐辛子、生姜はエネルギー代謝をアップし脂肪燃焼効果があります。

血糖値と肥満の関係

 

お腹が出てきたら、高血糖に要注意!!

 

ポッコリお腹は、消化されなかったエネルギーのなれの果て

 

肥満は見た目を損なうだけでなく、糖尿病などを患うきっかけともなるので
甘く考えていると大変な事態になりかねません。

食べた物の多くはブドウ糖に形を変えて血液へ。
その後は活動中のエネルギーとなり、消費されます。
ただし、食べ過ぎなどの理由により蓄えが消費を上回れば、
必然的に中性脂肪となり蓄積されていくことに。
これは蓄えられたからといって、
すぐにポッコリお腹に結び付くわけではありません。
エネルギー消費が激しい場合にはこの蓄えが使われ、
食事のタイミングを逸してしまった時などにも役立ちます。
でも、蓄えることが習慣化して消費されることなく過ぎてしまえば、
それが後に歴とした中性脂肪に生まれ変わり、
堂々たるポッコリお腹の誕生という仕組み。

 

体内機能のリズムが崩壊 血糖値上昇が止まらない!

 

肥満度が右肩上がりの時にはインスリン作用が衰え、
血糖値も同様に上がってしまいます。

これは不要なエネルギー(脂肪)を溜め込んだ細胞に原因があり、
ここからインスリン分泌を抑制する成分が必要以上に
生成されてしまうからなのです。
細胞内に脂肪分が大量であればあるほどインスリン分泌が益々抑制されて、
働きが鈍ってしまいます。
血糖値をコントロールしているインスリンが正常に役割を果たせないのですから、
血糖値が高くなってしまうのは当然の結果と言えますね。

 

また、高血糖は脂肪を蓄える余力の無くなった細胞が限界を
迎えたという意味でもあるのです。
「脂肪で満たされた細胞の悲鳴=高血糖」と考えれば解りやすいでしょう。

 

ブドウ糖をエネルギー化するためには、細胞内へ取り込まれる必要があるのですが、
既に満杯状態で入り込む余地がありません。
行き場を失ったブドウ糖は、血中に留まるしかないのです。
つまり、これこそが血糖値が上がるという症状。
そこで役目を果たすべき膵臓は、フル回転でインスリン分泌を盛んに行うのですが、
血糖値は上がったまま。
こうなると膵臓は疲弊してしまい、ついには正常なインスリン分泌を
行えなくなってしまうのです。
故に、自力では血糖値を下げられなくなってしまう事態に陥ります。
糖尿病予備軍となってしまっている人、既に治療を余儀なくされている糖尿病の人のお腹が
ポッコリしている確率が非常に高いことを不思議に思ったこともあるでしょう。
太っている人は血糖値が高いと言われていますが、このような理由によるものなのです。

 

口コミ評判で人気の血糖値を下げるサプリメントランキング記事一覧

血糖値のサプリを飲んでみた口コミ体験談を集めてみあので参考にしてみてください。その中でおすすめの血糖値サプリを検証してみました。>>口コミで人気の血糖値サプリランキング