中性脂肪・血糖値対策にもおすすめ!DHA・EPAサプリおすすめランキング

「健康診断の結果が悪い」
「しっかり寝ているのに疲れがとれない」
「なんだか物忘れが気になる」など、
年齢を重ねるにしたがい悩みが深刻化する方は多くいることでしょう。

 

実は、それらの原因の大部分を占めているのが「血の巡りの悪さ」です。
私たちの体内に張り巡らされている血管は全て繋ぎ合わせると10万kmもの長さがあり、酸素や栄養を血液に乗せて身体の隅々まで運んでくれる大切なライフラインです。
しかし食の欧米化、食べ過ぎや飲みすぎ、肥満などによって私たちの血液は知らず知らずのうちにドロドロになり、そのスムーズな巡りを阻害してしまっているのです。
この状態を放っておくと慢性的な体調不良状態となり、果ては重篤な病気の原因にもなりかねません

 

近年DHA・EPAサプリメントは血液をサラサラにして、このような状態を回避する効果のあることが解明され大人気のサプリメントへと成長しました。

そんな私たちの健やかな生活に欠かせないDHA・EPAサプリメントですが、各メーカーから販売されていてどれを選んでよいのか迷ってしまうほどたくさんの種類があります。
今回はDHA・EPAサプリメントをどうすれば失敗せず自分に合ったものを購入できるのかというポイントと、さらにDHAやEPAについてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

購入前の注意点!!
サプリメントではよく初回お試し価格など、リーズナブルな価格設定が多いのですが、
実際には定期購入の場合が多いのでその点必ずチェックしてくださいね。
定期購入の場合は1回で解約できないもの、回数に縛りがあるものも多いので
購入前にしっかり確認しましょう。


DHA・EPAサプリ口コミランキング

 


サントリーDHA&EPA+セサミンEX

om-x

お試し なし
通常価格 5,500円+税/1か月
定期コース 4,950円+税/1か月
サントリーDHA&EPAの特徴

サントリーDHA&EPA+セサミンEXは、青魚のサラサラ成分DHA&EPAに加え
セサミンを配合しています。酸化しやすいDHA&EPAをセサミンが保護する役割をしているのです。
ゴマの希少成分セサミンは若々しさをサポート、さらにオリザプラス、ビタミンEも配合。
酸化からしっかり守り、青魚のサラサラ成分を体内に届けます。
使用しているDHAの原料は国産の新鮮な青魚を使用し、サントリー独自開発により
DHA濃度を従来のものより20%アップし凝縮しています。

 


 

 


きなり

om-x

お試し 1,980円(税込)/1か月(定期初回)
通常価格 5,695円+税/1か月
定期コース 3,790円+税/1か月
きなり特徴

きなりは1日4粒にDHA・EPAが500mgも配合しています。
1日の摂取目安量1000mgの半分を補うことができるのです。
使用しているのはクリアオイル。オキアミから抽出される真っ赤なオイル「アキスタチン」です。
このアキスタンチンがDHA・EPAの酸化を防ぐ役割をするのです。
さらに水にも溶けやすく吸収率は抜群です。
オレンジに香りで魚の青臭さも減らしているので、苦手な人でも大丈夫。
納豆キナーゼも配合しているコスパの良いサプリです。

 


 


ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

om-x

お試し 1,134円(税込)/4粒入り×6
通常価格 1,620円(税込)/1か月
定期コース 1,458円/1か月
ナットウキナーゼの特徴

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは溶かす力があるナットウキナーゼを従来より倍の2000FUを配合。
苦手な人も多い納豆独特のニオイとビタミンK2は特許技術で除去されているので安心です。
さらに北海道産の「さらさらレッド」という赤玉ねぎを配合していて、通常のたまねぎより多く含まれる有用成分ケラスチンが抗酸パワーとサラサラパワーを倍増します。
DHA・EPAとナットウキナーズのWパワーが人気の秘密です。

 


 


DHA&EPAオメガプラスみやび

om-x

お試し なし
通常価格 1,851円/1か月
定期コース 1,666円/1か月
DHA&EPAオメガプラスの特徴

DHA&EPAオメガプラスの特徴は青魚由来のDHA・EPAは使用していないという事です。
クリアオイルにアスタキサンチン、亜麻仁油にスクワレンなどのオイルが配合されていて6粒
あたりのDHA・EPAは含有量は492rです。

 


 


美健知箋EPA&DHA!佐藤製薬

om-x

お試し 1,000円/1ヶ月(定期コース)
通常価格 6,480円/1か月
定期コース 初回1,000円/1か月

2回目以降4,980円/1か月

美健知箋EPA&DHAの特徴

ユンケルでお馴染みの佐藤製薬から、高品質のEPA&DHAサプリが登場しました。
EPA&DHAサプリといえば、配合量が少なかったり、ニオイが気になったり、持ち運びしづらかったりするイメージが強いもの。
ですが、今回ご紹介する「美健知箋EPA&DHA」はそういった問題点を全てクリアした、高品質のサプリです。
お子様の成長が気になる、学力を向上させたいなどの悩みをお持ちの方は、美健知箋EPA&DHAをオススメします。

 


 

 


ハグラビはぐくみプラス

om-x

お試し 980円/1ヶ月(定期コース)
通常価格 4,280円/1か月
定期コース 初回980円/1か月

2回目以降2,980円/1か月

ハグラビの特徴

ハグラビは青魚から抽出したDHA・EPAではなく植物由来の亜麻仁油、海洋汚染の少ない南極で捕れたオキアミのDHA・EPAなので赤ちゃんにも安心です。
アスタキサンチン、エラスチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなど女性には嬉しい成分も配合されています。

 


 

DHA・EPAサプリメントの失敗しない選び方6つのポイント

 

たくさんあるDHA・EPAサプリの中で、
失敗しないサプリの選び方のポイントです。
参考にしてみてくださいね!


 

DHA・EPAの原材料

 

まず、DHA・EPAの原材料にはどういったものが使用されているのかをチェックするようにしましょう。
一般的にDHA・EPAの原材料として一番多いものは、カツオ・マグロなどの青魚から抽出されたものです。
青魚由来のものは、メーカーによって産地がかなり違ってくるので確認しておきたいポイントです。

最近ではオキアミという海老の姿をしたプランクトンから抽出されるクリルオイルに含まれるDHA・EPAもあります。
オキアミは南極で水揚げされたものなので海洋汚染の心配は少ないと言えるでしょう。
またクリルオイルに含まれるDHA・EPAは人間の身体に馴染のある「リン脂質型」のDHA・EPAであるため、吸収性が青魚由来のものより高い傾向にあります。
他にもDHA・EPAが含まれる亜麻仁オイルなど植物由来のものが使用されているタイプのものもありますので、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

DHA・EPAの配合量

 

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの1日あたりの摂取量は1,000mgとされています。
ほとんどのDHA・EPAサプリメントは配合量が200mg〜700mg前後なので、お魚をほとんど食べない方は高配合のものを、よく食べるという方は配合量が少なめのものでも良いかもしれません。

またDHA・EPAが高配合されているサプリメントでも粒数で調節するという方法もあるので、詳しくはメーカーの問い合わせ先などでご相談されることをおすすめします。
過剰摂取にならないように、ご自身の食習慣とも合わせてどのぐらいの配合量のものが適切か見極めて選ぶようにしましょう。

 

DHA・EPAサプリメントの価格

 

DHA・EPAに限らずサプリメントは即効性が穏やかなため、最低2〜3か月は続けて変化を確認したいところです。
ご自身がこれなら継続できそうと思われる価格のサプリメントを選びたいものですね。
サプリメントは継続することが大切なので、高価なものを選んで継続できないとなると本末転倒です。
また、あまりに安すぎるサプリメントも品質が不安なので避けるようにしましょう。

 

プラスアルファの成分もチェック

 

DHA・EPAサプリメントにはDHA・EPAの成分が単独で構成されているものと、ナットウキナーゼなどの血液サラサラ成分がさらにプラスされているもの、アスタキサンチンやマリンプラセンタといった美容成分がプラスされているものなどがあります。
ご自身がDHA・EPAサプリメントに対して、どういった効果を求めているのかを念頭に起きながら選ぶようにすると良いですね。

 

酸化しない工夫がされているのかどうか

 

DHA・EPAはとても酸化しやすい成分で、酸化してしまうと効果が半減してしまうばかりか、品質の劣化にもつながってしまいます。
せっかくDHA・EPAを摂取するなら、酸化しづらい工夫がされているサプリメントを選びたいものですね。
主な酸化防止対策は個別包装にしていたり、抗酸化力の強いビタミンEやアスタキサンチンを配合していたりするので、これらを参考にチェックしてみてください。
仕事が不規則な方や出張の多い方、旅行によく行く方などは個別包装タイプが便利ですね。
またDHA・EPAサプリメントの買いだめは保管状況にもよりますが品質の劣化につながりかねないので、適宜追加で購入するようにしましょう。

 

お子様や妊婦でも飲めるかどうか

 

DHA・EPAは脳の発育促進や血液をサラサラにするなど、たくさんの嬉しい効果が期待できる成分です。
しかし、サプリメントによっては「お子様や妊娠中、授乳中の方は医師にご相談ください」と但し書きの記載されているものがあります。

ご自身だけが飲むのか、家族全員で飲むのか、お子様だけが飲むのかといった立場からもDHA・EPAサプリメントの選択肢が変わってくるでしょう。
お子様のために飲ませたい、現在妊娠中や授乳中であるという方はそういった側面からもDHA・EPAサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのDHA・EPAサプリ「きなり」と「サントリーDHA&EPAセサミンEX」の違いは?

 

上記の6つのポイントも踏まえて今回オススメするDHA ・EPAサプリメントは、さくらの森から販売されている「きなり」です。


「きなり」は1日の目安量4粒で合計500mgのDHA ・EPAを摂取することができ、開発にお医者様も加わった便利で安全なサプリメントです。
さらに人体への吸収力が高いリン脂質型のDHA ・EPAを含んだクリルオイルや血液をサラサラにしてくれる納豆のネバネバ成分ナットウキナーゼがプラスされているので、より血の巡りをスムーズにすることが期待できます。
酸化対策に関してはもともとクリルオイルに抗酸化力のあるアスタキサンチンが含まれているので安心ですね。
オレンジ香料を使った特殊製法で魚臭さもなく、お子様もとても飲みやすいDHA ・EPAサプリメントです。

 

(通常価格5,695円 定期購入初回1,833円 2回目以降 3,790円・全て税抜)

 

DHA ・EPAサプリメントといえば他にも「サントリー DHA &EPA+セサミンEX」が大人気です。
「サントリー DHA &EPA+セサミンEX」は1日4粒でDHA ・EPAが合計400mg摂取できます。
プラスアルファの成分としては強い抗酸化力を持つゴマに含まれるセサミン、自律神経の働きを高める玄米由来の健康成分オリザプラス、DHA・EPAと同じ効果を持ちアザラシの脂から抽出されるDPA(ドコサペンタエン酸)が配合されています。

 

(120粒入り 通常価格5,500円 定期購入4,950円 全て税抜)

 

 

 

どちらも内容的におすすめのDHA ・EPAサプリメントなのですが、「サントリー DHA &EPA+セサミンEX」は残念ながらお子様の摂取を控えるように記載されています。
その点、「きなり」ならお子様の摂取もOKで、さらにお子様への摂取量についてもさくらの森へ相談するとアドバイスしてもらえるようなので心強い限りです。
お値段も「サントリー DHA &EPA+セサミンEX」よりお安く継続することができるのでコスパ的には良いでしょう。
サントリーDHA&EPAセサミンEXはさすが大手サントリーだけあり、サントリー史上最高濃度の魚油を使用していて継続意向度も97.7%とかなり高い数字です。
どちらも人気のサプリですので、誰が飲むのか、予算を考慮した上で選ぶ事をおすすめします。


 

 

DHA・EPAをサプリメントで補う必要があるのか

 

ところで、DHA・EPAを1日に1,000mg食事から摂取しようと思うと食事作りが大変ですよね。
1,000mgといえばクロマグロ9人分とされる量、1日でそれだけの量を食事から摂ることは難しくあります。

 

 

いくらお魚が好きでも毎日食べたいという方は少ないでしょうし、お魚ばかりでは栄養バランスの偏りも心配です。
ですがDHA・EPAは体内で合成されることは難しく、食事から摂取しなければどんどん失われてしまう成分でもあります。
毎日の食生活を豊かにするためにもDHA・EPAをサプリメントから補う必要性はあると言えるでしょう。


 

DHA・EPA成分の安全性は?

 

サプリメントは口にするものですからDHA・EPA成分が安全であるかどうか気になるところですよね。
かといって気にしすぎるのもよくありませんが、海洋汚染された産地の原材料を使っていないか、不純物や水銀などが残留してはいないか、メーカーのサイトや問い合わせ先などにメールや電話で対応を伺ってみてもよいかもしれません。
安全性に不安なくサプリメントを継続していくためにも、気になることやわからないことはきちんと確認していくことが大切です。

 

 

DHA・EPAの気になるQ&A

 

 

DHA・EPAってなに?

DHAとEPAは、どちらも健康維持に必要な体内で合成することのできないオメガ3系脂肪酸といわれる身体にとても良い油のことです。
サプリメントには効果に対する科学的根拠のあいまいなものも存在しますが、DHA・EPAは動脈硬化の防止や物忘れの改善効果などきちんと立証された成分でもあります。

 

DHA・EPAの違いは?

2つとも同じような成分と思われがちですが、その効果は違っています。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は人体の脳や目の網膜に多く存在するもので、脳内の情報伝達をスムーズにしたり、脳機能を活性化したりする効果があります。
またEPA(エイコサペンタエン酸)は血液をサラサラにしてくれるので、体内の巡りを良くして動脈硬化などの病気を予防する効果があります。

 

 

DHA・EPAにはトランス脂肪酸も含まれているの?

トランス脂肪酸とは液体の植物油を人工的に個体の油へ化学変化させたときなどに発生する脂肪酸のことです。
マーガリン、ショートニングなどに多く含まれるこのトランス酸は、近年ガンの原因になったり、悪玉コレステロールの増加につながったりすることが解明されています。
DHAやEPAは酸化しやすい成分であることは既にお伝えしていますが、酸化することでトランス脂肪酸が発生しやすくなるので、きちんと酸化防止対策がされたサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

DHA・EPAの副作用は?

用法・用量を守って飲めば副作用の心配はありません。
ですが病院でもらったお薬を服用されている方(血液を固まりにくくするお薬や血圧を下げるお薬など)は飲み合わせの問題がありますので、必ず医師に相談するようにしましょう。

 

過剰摂取しても大丈夫?

DHA・EPAは1日に3,000mg以上摂ると不快感や鼻血、下痢といった症状を引き起こすとされています。
厚生労働省はDHA・EPAの1日における摂取量を1,000mgと推奨しているので、この量を目安に過剰摂取にならないよう気をつけましょう。
過剰摂取したからといって重篤な被害を及ぼすものではありませんが、身体に良いものでもほどほどがちょうど良いということですね。

 

DHA・EPAは中性脂肪に効果があるの?

DHA・EPAは血液中の不要な中性脂肪を分解し血液をサラサラにしてくれる作用があります。
中性脂肪を分解することで血の巡りが良くなり、肥満や動脈硬化といった病気の防止にもなるので健康診断の結果が気になる方にDHA・EPAサプリメントの摂取はとてもおすすめです。

 

中性脂肪と体脂肪の違いは?

中性脂肪は一見悪いもののように捉えられがちですが、実は人間が生きるための必要なエネルギーに変換することができる脂肪です。
一方、体脂肪とは身体全体における脂肪の総称のことで、過剰になった中性脂肪が体脂肪へと変化します。
ですから過剰な中性脂肪を減らして、適切な数値をキープするということは健康を維持するためにとても大切というわけです。

 

中性脂肪ってどうやってできるの?

中性脂肪(トリグリセリド)は食事の過剰摂取によって消化しきれなかったエネルギーが蓄積してしまった脂肪のことです。
またアルコールの摂りすぎでも中性脂肪を分解する酵素の働きを低下させてしまうので、中性脂肪が高まる原因となります。
他にも肥満や遺伝など中性脂肪を増やしてしまう様々な原因がありますが、一番の原因は「食べ過ぎ・飲みすぎ」です。
健康診断で中性脂肪の数値が高いと「毎日の食生活を見直しましょう」と言われるのはこういうことなのですね。

 

GMP認定工場とは?

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、「適正製造規範」という意味があります。
今までサプリメントの製造には安全基準がなかったため、品質に問題が発生する可能性がありました。
それらをなくすために厚生労働省が導入したガイドラインがGMPで、このGMPを遵守してサプリメントを製造している工場がGMP認定工場というわけです。
GMP認定工場で製造されたサプリメントなら、安全性を量るときの目安になりますね。

 

DHA・EPAを摂取すると太る?

DHA・EPAをサプリメントで摂取しても、きちんと用法・用量を守っていれば太ることはありません。
ですが食事としてお魚やオイルから摂取する場合はカロリーオーバーになると太る原因になりかねません。
DHA・EPAは日々のバランス良い食事と共に、サプリメントでサポートしながらの摂取がおすすめです。

 

中性脂肪とコレステロールの関係

DHA・EPAサプリメントで減らすことができる中性脂肪は、同じく脂質であるコレステロールの増減と深い関係にあります。
コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類がありますが、中性脂肪が高いと悪玉コレステロールが増加してしまい、善玉コレステロールが減少してしまうのです。
つまり血液がドロドロになってしまうので動脈硬化などの恐ろしい病気の原因になるというわけです。
中性脂肪とコレステロールは共に生きていくために身体に欠かせないものではありますが、過剰にならないように正常な範囲に納めておくことが重要です。

 

頭に良いって本当なの?

DHA・EPAサプリメントを摂取したからといって突然IQが大幅に上昇するというわけではありませんが、様々な研究結果からも脳細胞の発育に良いことがわかっているのは事実です。
「子供のときにDHA・EPAを摂取していたら、もっと脳機能が活性化されていたのかもしれない」と誰しも思ったことがあるのではないでしょうか。
子供の乳幼児期は長いようであっという間なので、DHA・EPAサプリメントを生活に取り入れてより良い脳発達のサポートをしてあげたいものですね。
また大人も加齢に伴いDHA・EPAはどんどん減少していってしまいますので、集中力や記憶力が不安になってきた方にもおすすめの成分です。

 

 

 

 

以上、DHA・EPAサプリメントの失敗しない選び方6つのポイントとDHA・EPAの成分を詳しくお伝えしました。
本来なら栄養は食生活から補うべきものですが、忙しさに追われる私たち現代人にとってそれはなかなか難しいことでもあります。
今回の記事を参考に、DHA・EPAサプリメントをあなたらしく上手に活用して、毎日の健康に役立てていってくださいね。


DHA・EPAの摂取にも工夫を

 

以前から健康油の代表格として
注目されているのが、DHA・EPAです。

 

しかしこれらは摂り方によっては、
体内への吸収量に差が出ることをご存知でしょうか。

 

DHAを含む食品としてよく挙げられるのが魚です。

 

 

しかし魚は調理するとDHAが流れ出てしまいます。
生と比べると、焼いたものは2割減、
挙げたものはなんと約5割も減少してしまいます。

 

さらにDHA・EPAは酸化しやすく、
酸化してしまったDHA・EPAは
健康パワーを存分に発揮することができません。

ですので、魚を食生活に積極的に取り入れている方でも、
DHA・EPAが不足している可能性があるのです。

 

大切なのは、毎日きちんと摂り続けることです。

 

しかし、欧米化傾向のある現代の食生活では難しいかもしれません。
サプリメントで補うのも賢い方法でしょう。

 

DHA・EPAを上手に摂取して、
健康な毎日の生活に役立てましょう。

 

【DHA・EPAサプリ】口コミランキング中性脂肪・血糖値対策記事一覧

ミドリムシには、植物と動物の双方が所持する栄養が含まれるというユニークな特徴があります。例えば、ミドリムシ1g中に含まれるビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEといったものは、ケール、モロヘイヤ等と比較しても多く含まれており、さらに全ての必須アミノ酸のバランスを示すアミノ酸スコアに関してもクロレラ等とは比べ物にならないぐらいの高い数値を示しているのです。ただ、今回特に強調したいのはEPA、...

DHAは血液サラサラ効果だけでなく、目や網膜、脳の灰白質にもたくさん含まれています。魚では目玉にDHAの油が含まれているのです。EPA同様にDHAには血液サラサラ効果がありますが、それ以外にも老人性認知症の予防や視力改善にも効果があります。動物実験をした結果でもDHAが脳神経のシナブス部分で神経の伝達に大きな関わりを持ち、脳の機能を向上されるのにとても役立つことがわかってきています。血栓を作らせな...

EPAは魚の油い含まれています。血栓を作らせない成分がたくさん含まれているので血液をサラサラにして血流をよくする作用があります。不飽和脂肪酸には植物性リノール酸、オレイン酸がありますが、これらの油よりEPAは血液サラサラ、血栓を防ぐ効果ははるかに高いのです。EPAの効果効能@ EPには血栓が固まるのを防ぐ効果があるので血栓が血管に詰まっておこる脳梗塞や心筋梗塞などを予防する働きをします。A EPA...

この10年間でうつ病の患者数が2.4倍にもなってるそうです。日本人では7人に1人、アメリカでは全成人の11.5%という数字がでています。不況や人間関係などのストレス、厳しい社会環境の中で、これからもうつ病が増え続けるだろうと予測されています。実は魚を食べると心があ落ち着き、食物に含まれる脂肪によっては精神面での健康、うつ病などの改善に役立つという研究報告が国内外でどんどんでてきています。中でも注目...

以前は油は体にとって悪者とされ、なるべく摂らないようにと言われていました。ノンオイルドレッシングが流行ったりしましたよね。でもそれは過去の話。現在は、良い油を積極的に体内に摂りいれるのがブームとなっています。なぜなら油は、体のエネルギーとして使われる大切な成分。美容や、脳の力をサポートするとも言われています。しかし、どの油を摂れば本当に体にいいのか、迷ってしまうこともしばしば。スーパーへ行けば、様...

現在「脳」が取り上げられ、注目される事が多いですが年々、増加傾向にあるのが脳の老化による機能障害がもととなる老年期認知症です。老年期の認知症といえば血管認知症です。これらが全体の80パーセントを占めていると言われています。日本での認知症を男女別にみると男性の場合は脳血管性認知症が多く、女性の場合はアルツはいまー型認知症が脳血管認知症よりもはるかに上回っています。認知症のお年寄りは健康なお年寄りより...