メディア等で取り上げられることの多いDHAやEPAをミドリムシで摂取できる

ミドリムシには、植物と動物の双方が所持する
栄養が含まれるというユニークな特徴があります。
例えば、ミドリムシ1g中に含まれるビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEといったものは、
ケール、モロヘイヤ等と比較しても多く含まれており、
さらに全ての必須アミノ酸のバランスを示す
アミノ酸スコアに関してもクロレラ等とは
比べ物にならないぐらいの高い数値を示しているのです。

 

ただ、今回特に強調したいのは
EPA、DHAを中心としたn-3系多価不飽和脂肪酸も摂取できることであります。

 

EPA、DHAは基本的に魚の脂肪に豊富に含まれるもので、
動物性脂肪にはない血液中のコレステロールの数値を低くする作用があるのです。

 

私達は魚を口にする機会が減っているということで、
飽和脂肪酸は摂り過ぎるケースが多く、
逆に不飽和脂肪酸の場合は足りないケースが多いとされています。

 

さらに、不飽和脂肪酸は、
年を重ねるとともに減っていくものでもあるのです。

 

以下にEPA、DHAの効果について詳しく示しておきます。

 

 

DHAの効果

 

中性脂肪の量を減らす

生活習慣病の原因となる中性脂肪は、
過剰に増えてしまうことで内臓脂肪型肥満になるとされていますが、
DHAには中性脂肪を出来にくくし、肝臓で分解しやすくする効果があるようです。

 

 

アトピー性皮膚炎を良くする効果

 

DHAを摂ることでアトピー性皮膚炎が良くなる効果が期待できます。
実際、アトピー性皮膚炎を発症した方をターゲットとして
効果に関して実験した結果、
半数以上の方のアトピー性皮膚炎が良くなったというデータがあるのです。

 

 

視力が良くなる効果

 

DHAは細胞の中で必要とされるものですが、
その他、視神経、網膜にとっても欠かせないものですので、
適切な摂取によって視覚情報をきちんと脳へ伝達することが可能になるようです。

 

 

脳の働きを活発にする効果

 

頭が良く働く人とそうでない人では何が違うか?
というと、それは、脳の中で情報を伝える働きをしている神経細胞の
シナプスがどれだけ存在するかという点です。
DHAには、シナプスを活発にする効果があるとされ、
集中や判断に良い影響を与え、
アルツハイマーとなるのを防いでくれたり、
良くしたりという効果もあるとされています。

 

 

小児の脳の成長を促す効果

 

私達の脳神経細胞は、
その多くがDHAを原材料として作られていることから、
これを小児のうちから摂り入れることによって、
理想的な脳へとすることができます。

 

欧米の国々と比較して日本人の脳が優れているのは、
DHAが豊富に含まれる魚を口にする機会が
多い為だと言っている国外の専門家も多くいらっしゃるのです。

 

DHAは胎児にも大切なものだとされ、
オーストラリアから発行されている医学に関する書籍には、
魚の脂肪を摂っている母親より誕生した子どもの場合、
見る、触るといった二つの能力がその他の子どもと比べて
間違いなく優秀であるといったことが書かれています。

 

そして、胎児の脳をきちんと成長させる為には、
妊娠している時からDHAを摂ることが非常に大切だとも言われているのです。

 

DHAは魚の脂肪に含まれるものですが、
実は、マグロは自身でDHAを作る能力は持っておらず、
水の中に存在するミドリムシ達が自身でそれを作り、
プランクトンがミドリムシを食し、さらにプランクトンから
小魚、小魚からマグロへと移動していくので、
結果的にマグロにDHAが含まれることになるのです。

 

しかし、このような移動の仕方によってDHA以外にも
水銀等といった害のある物質もマグロに蓄積していく為、
妊娠している方が体型の大きな魚を多量に摂取することはそれほど良くないとも言われています。

 

DHAのスタートはミドリムシであることを意識すると、
妊娠している方にとっても危険性のない良質な栄養を摂ることができるのです。

 

これとは別にEPAというものがありますが、E
PAの場合も、DHAと同じくn-3系多価不飽和脂肪酸であり、
動脈硬化をはじめとした生活習慣病を防ぐことが期待できます。

 

コレステロール値を低くする作用は、DHAが勝っていますが、
中性脂肪を少なくする作用に関してはEPAが勝るといったように、
各々で優れている点が違うということも覚えておきましょう。

 

 

アレルギーによる炎症を抑える

 

ビタミンB群のビオチンはアレルギーの患者に良い効果をもたらすものとして知られていますが、
EPAにはこのビオチンの働きを良くする効果があるとされていて、
さらに、γ―リノレン酸とともに炎症を抑える効果もあるようです。

 

 

 

脳卒中や動脈硬化を防ぐ

 

EPAを摂取することで、血液のコレステロール値が低くなることや、
血液の粘度が低くなる為、血栓ができにくくなり、
脳卒中をはじめとした生活習慣病を防ぐとされています。

 

 

生理時の痛みを小さくする

 

生理時の痛みは、経血が外へ出る時に子宮が縮むことで起きるとされています。
この時には『プロスタグランジン』と呼ばれる成分が作用しているわけですが、
EPAにはこの作用を小さくする働きがあり、結果的に生理時の痛みが小さくなると言われているのです。
>>【DHA・EPAサプリ】口コミランキング中性脂肪・血糖値対策

 

関連ページ

認知症予防、脳の活性化、向上に効果を発揮するDHA
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
EPAは血液をサラサラにする
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
うつ病予防としても注目のDHA・EPA
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
DHA・EPA エゴマ油・アマニ油の魅力と選び方
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
オメガ-3系の脂肪が不足すると認知症になりやすい!?
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。