EPAは血液をサラサラにする

EPAは魚の油に含まれています。
血栓を作らせない成分がたくさん含まれているので
血液をサラサラにして血流をよくする作用があります。

 

 

不飽和脂肪酸には植物性リノール酸、オレイン酸がありますが、
これらの油よりEPAは血液サラサラ、血栓を防ぐ効果ははるかに高いのです。

 

EPAの効果効能

 

@ EPには血栓が固まるのを防ぐ効果があるので血栓が血管に詰まっておこる脳梗塞や心筋梗塞などを予防する働きをします。

 

A EPAは悪玉ンコレステロール値を下げ(LDL)、善玉コレステロール値(HDL)を上げる働きをし、
動脈硬化を予防する効果があります。

 

B EPAには中性脂肪を減らす作用があり、脂質異常症(高脂血症)や脂肪肝を予防する作用があります。

 

これらの病気を予防したり、さまざまな病気を治療する上でも
血液の流れをよくするという事はとても重要なことなのです。
健康を維持するためには末梢の毛細血管の血流をよくし、サラサラにしなければなりません。
そのためにも日頃からDHAやEPAを摂取し血液サラサラを意識することが大切です。

 

 

 

関連ページ

メディア等で取り上げられることの多いDHAやEPAをミドリムシで摂取できる
高血糖と診断されたら?生活習慣病・糖尿病予防に 血糖値を下げるためにするべき事は?食事改善、運動、ストレス解消、血液サラサラ、肥満予防、血糖値を下げるサポートにおすすめのサプリメント、トクホ商品を比較検証しました
認知症予防、脳の活性化、向上に効果を発揮するDHA
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
うつ病予防としても注目のDHA・EPA
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
DHA・EPA エゴマ油・アマニ油の魅力と選び方
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。
オメガ-3系の脂肪が不足すると認知症になりやすい!?
DHA・EPAを1日1g(1,000mg)摂取することを推薦していますがDHA・EPAは、青魚などに多く含まれ、たくさん摂取するのは難しい数あるDHAEPAサプリからおすすめのものを紹介します。中性脂肪・血糖値対策に。