※青汁と肥満

肥満は万病の元

 

メタボリックシンドロームが話題になった通り、
日本でも肥満が問題視されるようになっています。
肥満は脂肪が過度に多くなった状態を表します。
肥満そのものは病気ではありませんが、
肥満になると高血圧や脂質異常、糖尿病などの生活習慣病になりやすいと考えられています。
また、これらの病気を一気に悪化させる可能性があるので問題視されるのです。
特に、内臓脂肪は健康に悪影響を及ぼすと考えられています。
この内臓脂肪の量は腹囲と比例することが多いので、お腹周りが気になる方は注意したほうが良いかもしれません。

 

日本人と肥満

 

欧米に比べると日本人は肥満が少ないといわれています。
しかし、日本人は過度な肥満でなくても糖尿病などを発症する方が少なくないようです。
過度な肥満ではなくても、肥満傾向がある方は、健康管理に気を付けたほうが良いかもしれません。

 

肥満の原因

 

肥満の原因は、カロリーの摂りすぎと運動不足によります。
私たちの身体は、摂取カロリーより消費カロリーが少ないと太ります。
その逆になると痩せます。つまり、肥満にならないためには摂取カロリーを減らすか、運動量を増やすとよいのです。
しかし、忙しい毎日の中で十分な運動時間を確保することは簡単ではありません。
また、食生活が欧米化しているので、摂取カロリーを控えることも簡単ではありません。

 

肥満を予防する栄養素

 

私たちの身体は燃費効率が良くできているので、
軽い運動程度では痩せることができません。
肥満を予防したい方は、食生活の改善を図ることが効果的でしょう。
特に、肥満を予防する可能性を秘めた栄養素を積極的に摂取するとよいかもしれません。
肥満を予防する可能性を秘めた栄養素として注目を集めているのが、明日葉に含まれるカルコンというフラボノイドです。
カルコンは、マウスによる実験で内臓脂肪を減少させる働きがあることが指摘されています。
お手軽に明日葉を摂取するのであれば、明日葉を原料にした青汁を利用するとよいでしょう。
今のところ動物実験で確認されるにとどまっていますが、食生活の改善をかねて摂取するのであれば大いに意味があるでしょう。
また、青汁に多く含まれる食物繊維は、コレステロールや中性脂肪が高い脂質異常を改善する際に積極的に摂取したほうが良いといわれています。
この意味からも、肥満が気になる方は青汁を利用するとよいかもしれません。
食生活と健康のバランスを取り戻すため、お試しになってみてはいかがでしょうか。

関連ページ

※青汁とアトピーやアレルギーの関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
※糖尿病と青汁の関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
青汁の栄養素について
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
加齢と美容が気になる方は食生活を見直しましょう【青汁編】
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました