※青汁とアトピーやアレルギーの関係

 

アトピーやアレルギーに悩む方が増えています
日常的な感覚でお気づきの方が多いかもしれませんが、
近年になってアレルギーに悩む方が増えています。
一部調査によると、国民の3割が何かしらのアレルギー性疾患を持っていると考えられています。
アトピーも患者数が増加しているアレルギー性疾患の一つです。
大人になるにつれ症状が治まる方が多いと考えられてきましたが、
近年では大人になってから症状に悩む方が増えています。
現在の日本では、アトピーを含むアレルギー性疾患に悩む方が増えているのです。

 

アトピー・アレルギーの原因

 

アレルギーは、特定のアレルゲンに対して免疫反応が過剰に引き起こされることを言います。
本来の免疫反応は、体の中に異物が侵入したとき、それを排除する重要な反応です。
アレルギーの場合は、反応する必要のないアレルゲンに過剰反応してしまします。
例えば、蕎麦アレルギーでは、外から蕎麦というアレルゲンが体に入りこんだ際、
それを排除するため過剰な反応が引き起こされます。
アトピーも理屈は同じで、アトピー素因と呼ばれるアレルギー体質を持っている方が、
アレルゲンの刺激を受けることで症状が引き起こされます。

 

アトピー・アレルギー対策

 

アレルギーにより引き起こされる症状は不快で、
場合によっては命にかかわることもあります。
しかし、今の医学では、その根本的治療は困難で、基本的には症状を抑える対症療法が取られます。
根本的な治療は難しいですが、最近ではアレルギーを悪化させることが多い環境因子はわかりつつあります。
例えば、ストレスや食生活の乱れはアトピーを含むアレルギー悪化させるといわれています。
ストレスや食生活の乱れによりアトピーを含むアレルギーが悪化する理由は、
免疫力が低下するからと考えられています。
逆に言うと、これらを解消し免疫力を高い状態に保てば、アレルギーの症状を和らげることができるかもしれません。

 

免疫力を高める栄養素として注目を集めているのがビタミンAとビタミンCです。
ビタミンAは皮膚や粘膜を強くして、身体を守る力を強くする働きがあるといわれています。
ビタミンCは、コラーゲンの生成に不可欠で、
コラーゲンが生成されると皮膚や血管などが丈夫になるので免疫力が高まるとする考えがあります。
また、ビタミンCは白血球の働きを助ける働きがあるといわれています。
これらの理由により、ビタミンAやビタミンCは、免役を高める栄養素といわれることがあるのです。

 

ビタミンA(βカロチンが体内でビタミンAとして働く)やビタミンCを豊富に含む健康食品として青汁を挙げることができます。
青汁を利用して体質改善に成功したという方がいますが、
もしかするとこれらの栄養素の働きかもしれません。
明確なエビデンスがあるわけではありませんが、お困りの方は試してみると良いかもしれませんね。

 

関連ページ

※青汁と肥満
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
※糖尿病と青汁の関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
青汁の栄養素について
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
加齢と美容が気になる方は食生活を見直しましょう【青汁編】
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました