※糖尿病と青汁の関係

 

糖尿病は国民病

 

健康意識の高まりとともに、生活習慣病に注意する方が増えているようです。
しかし、糖尿病が強く疑われる方は増えており、
厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」によると、950万人に上ることがわかっています。
さらに、予備軍と考えられる方を加えると、日本人の5人に1人がリスクを抱えていることになるといわれています。
このような状態なので、糖尿病は国民病と考えられるようになっているのです。

 

糖尿病の原因

 

日本人の糖尿病に多いといわれているのがU型糖尿病です。
遺伝に加え、食事や運動などの生活習慣が関係していると考えられています。
糖尿病を予防するためには、定期的な運動を行うことに加え、栄養バランスの良い食生活を送ることが重要です。
食生活で気をつけるべきことは、
「決まった時間にゆっくりと食事をとること」
「甘いものや脂っぽいものは食べ過ぎないこと」
「薄味にすること」
「食べすぎに注意すること」
「野菜をしっかり食べること」などです。

 

食生活の改善は難しい

 

以上を理解している方は多いですが、
実際に食生活を改善できる方は少ないようです。
慌ただしい現代社会において、決まった時間にゆっくり食事をとることは簡単ではありません
。調理に時間がかかる野菜をたくさん摂取することも難しいでしょう。
また、忙しい方は外食や惣菜が多くなるので薄味の食事をとることが難しくなります。
さらに、食生活が欧米化しているので、甘いものや脂っぽいものが多くなります。
食生活はライフスタイルと密接に結びついているので、ライフスタイルを変えない限り食生活を変えることはできません。
ライフスタイルは仕事と密接にかかわるので、食生活の改善は簡単ではないのです。

 

今すぐできる食生活の改善

 

食生活の改善は簡単ではありませんが、健康を考えると無視できるものでもありません。
本来は、暴飲暴食を控え、様々な野菜を1日350g以上摂取するべきですが、忙しい方にとってはハードルが高すぎるでしょう。
今すぐ、食生活を改善したい方は、青汁を生活に取り入れると良いかもしれません。
栄養価が豊富な青菜を使用しているので、野菜不足を補う一助になります。
青汁に豊富に含まれる食物繊維は、食前に摂取すると血糖値の上昇を穏やかにするという意見もあります。
また、大麦若葉を使用した青汁にはSOD酵素が含まれています。
この酵素はラットを使用した動物実験において血糖値の上昇を抑制する傾向が確認されたようです。
どちらも科学的結論を得たものではありませんが、研究が行われていることは事実です。
野菜不足の解消に加え、このような働きが期待できるのであれば、摂取するメリットがあるかもしれません。

 

以上のように、青汁は糖尿病対策において魅力的な健康食品です。
お手軽に食生活を改善したい方は、利用を検討してみるとよいかもしれません。

 

関連ページ

※青汁と肥満
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
※青汁とアトピーやアレルギーの関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
青汁の栄養素について
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
加齢と美容が気になる方は食生活を見直しましょう【青汁編】
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました