加齢と美容が気になる方は食生活を見直しましょう【青汁編】

加齢とともに増える肌トラブル

 

年を重ねるとお肌の衰えが気になるはずです。
去年はなかったシミやシワができている方が
いるのではないでしょうか。
一般的にお肌の曲がり角は30代と
いわれています。
このころを過ぎると加齢によるトラブルが
現れやすいので、
適切なケアを施したいところです。

 

具体的なお肌のトラブル

 

年齢とともにお肌のハリがなくなったと感じる方が多いはずです。
その原因は、年を重ねるごとにお肌の保湿力が失われるからです。
保湿力が失われたお肌はごわつき、しぼんだ状態になります。
肌が乾燥すると一気に老化が進むので、保湿はこまめに行わなければなりません。
こまめに保湿を行っても、お肌の老化を感じることがあります。
年を取ることでお肌の新陳代謝が衰え、栄養が不足しているからと考えられます。
お肌の栄養が不足すると、ハリや弾力のもとになるコラーゲンの生産が滞ります。
コラーゲンは真皮内で表皮を支える役割を果たしているので、
生産が滞ることでお肌の老化を感じてしまうのです。
コラーゲンは、栄養不足の他、紫外線やストレスで生み出される活性酸素により破壊されます。
コラーゲンの支えを失った肌は、ハリや弾力を失うので、年老いた印象を与えてしまいます。

 

加齢対策には内側からのケアが必要

 

コラーゲンの生産を助けるために、コラーゲンを配合した化粧品が人気を集めています。
これらに満足している方がいるかもしれませんが、
加齢対策を行いたいのであれば内側からもケアを行わなくてはなりません。
内側からケアを行う場合は、βカロチンを積極的に摂取するとよいでしょう。
βカロチンは強い抗酸化力を持つので、
紫外線やストレスで生み出された活性酸素を無力化してくれるといわれています。
また、βカロチンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。
ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にし、
カサツキや肌荒れを改善する働きが期待できるといわれていますβカロチン、ビタミンAの他には、
ビタミンCやビタミンEがお勧めです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きがあるといわれており、
ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれることがあります。
これらを積極的に摂取すれば、美しい肌を保つことができるかもしれません。

 

以上のビタミンを個別に摂取すると大変ですが、
明日葉を利用すればひとまとめに摂取することができます。
美肌に気をつけたい方は、食卓に明日葉を加えてみるとよいかもしれません。
明日葉の入手が難しい方は、明日葉が原材料の青汁を利用してみてはいかがでしょうか。

 

お手軽に摂取できるので、生活に組み込みやすいはずです。

 

お肌の加齢が気になる方はお試しになるとよいかもしれませんね。

 

関連ページ

※青汁と肥満
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
※青汁とアトピーやアレルギーの関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
※糖尿病と青汁の関係
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました
青汁の栄養素について
青汁は野菜不足解消だけでなく、便秘、ダイエット、血糖値を下げる、糖尿病など生活習慣病全般に予防効果が期待できます。口コミで人気の青汁を検証してみました