腸内環境と血糖値の関係

糖尿病改善のカギを握るのは腸内細菌だった

 

私達の腸内には100兆個ともいわれる腸内細菌が存在します。
実はこの中の腸内細菌が糖尿病の改善になる働きをする事がわかってきているようです。
食事をし、食べ物が体内に入り腸のスイッチが入ると腸壁から「インクレチン」というホルモンが分泌されます。
インクレチンの働きは膵臓に血糖値を下げるためのインスリンを出すように命令を出します。
この働きにより、食の血糖値を下げる働きをするのです。

 

腸内に良い最近が増えると腸のスイッチがはいりやすくなるので、インクレチンの分泌も盛んになり、
インクレチンからの膵臓への命令も多く届くようになります。
そのため食後の血糖値も下がりやすくなるのです。

 

血糖値を下げるための味方になる腸内細菌を増やすためには水溶性食物繊維がエサになるのでたくさん食べましょう。
普段の食事に意識して水溶性食物繊維の多い食材を加えることで血糖値を下げる効果が期待できます。

 

 

糖尿病・血糖値改善の食事【水溶性食物繊維を】

 

血糖値対策のために腸内細菌を増やすには腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維を食べる事がおすすめできます。

 

水溶性食物繊維が多い食材
わかめ、昆布、寒天、ひじぎ、めかぶ、
しいたけ、えのきだけ、しめじ、まいたけ、
にんにく。玉ねぎ、トマト、ごぼう、ねぎ、エシャロット、人参、アボカド、
オクラ、納豆、麦ごはん、玄米ご飯、

 

 

 

腸内環境と血糖値の関係記事一覧

血糖値改善だけでなく、食事を食べる順番として野菜を一番先に食べると良いというのはよく聞きます。血糖値改善効果のある理由は野菜に含まれる豊富な食物繊維は先に腸に届くことによって血糖値を上げる糖質や脂質の吸収を抑える効果があるからです。そして今回、お伝えしたいとは野菜の次に魚を食べて最後にご飯を食べるのはより効果を発揮するという事です。実は腸内にはインクレチンを出すためにスイッチともいえる細胞がありま...