太っている訳ではないのに糖尿病な人は実は多いのです

「糖尿病になる確率が高い人」というのは どんなタイプをイメージしますか?
甘党で、ラーメン、焼き肉といったこってり系のメニューを好む人や、
運動が苦手な人など「沢山食べる人」
「ダイエットの必要がある人」を思い浮かべると思います。
ですが実際のところ糖尿病患者というのは
太っている人と同じくらいさほど太ってない人が存在するのです。
糖尿病予備軍と言われて「どうして?
」と思った人も大勢存在すると言えますが 「太っていない人でも糖尿病になる確率が低くないのです」

糖尿病の密かな原因の1つが「新型栄養失調」です

 

実際に日本人の食生活は
戦後一気に西洋化したことがあり
栄養過剰になり、糖尿病患者が増加しました。
ですが調査の結果戦後
しばらくはしっかり足りていたけど 現在は不足しがちな栄養素として
ミネラルを挙げることが出来ます。
今まではさほど注目されなかったマグネシウムです。
研究結果によりマグネシウム不足が
糖尿病と密接い関わっていることが判明しました。
要するにマグネシウムの不足こそが
「新型栄養失調」と言えます。
現代人は栄養がきちんと摂取できていると思いがちなのですが 実際にはマグネシウムが不足しています。

 

きちんと食事をして糖尿病を予防することが可能

 

糖尿病というのは上手に血糖をコントロールが出来ないと
全身の健康に影響を及ぼす恐ろしい病気と言えます。
予備軍の人が今まで通りの生活をしていると
糖尿病になってしまいます。
糖尿病になることを予防する為には
食生活を改善する必要があるのです。
具体的にどう食事を変えればいいのかと言えば、
普段の食事のメニューと食材の選び方を
変更し不足しているマグネシウムを補うようにして下さい。
現代人はマグネシウムが不足していて、
マグネシウムを摂取することを意識することで
糖尿病予防をすることが出来ます。