食事・運動など、生活習慣改善こそが治療の最大のポイント

正しい食事と運動による生活習慣改善で、血糖値はコントロールできる

 

糖尿病は「生活習慣病」です。
生活習慣病というからには、
生活習慣を改善すれば、コントロールが可能なのです。
食事と運動、この2つの改善を根気強く続けることが大切です。
これにより、糖尿病発症前のいわゆる
「予備軍」の段階なら、
ほとんどの人が血糖値を正常範囲内まで下げることができます。

 

また、すでに糖尿病を発症してしまった人でも
食事・運動療法に真摯に取り組めば、
半数近くの人が血糖値コントロールに成功します。
こうすることで、合併症のリスクが下がって、
健康な人と同じ日常生活を送れるようになるのです。

 

食事や運動など、生活習慣を改善しても、
どうしても血糖値をコントロールできなかった場合は、
薬に頼ることになります。
薬物療法は、
経口または注射による糖尿病治療薬や、
インスリン注射による治療があります。
このような薬により、
血糖値をコントロールするのです。

 

糖尿病治療薬は、
食事療法や運動療法によって思うような効果が
得られなかった場合に用いられます。

 

糖尿病治療薬も効かなかった場合
インスリンの分泌が極端に不足している場合
合併症のリスクが高い、
もしくは既に発症済みで、高血糖のままでは危ない場合

 

などは、インスリン注射の出番です。
インスリン注射は、血糖値をコントロールして、
合併症悪化を防ぐ役割があります。

 

食事・運動療法こそが治療の基盤である

「薬物療法があるなら、
食事や運動を頑張って改善しなくても、
はじめから薬に頼ればいいんじゃないの?」

 

と考える人もいるかもしれませんね。
しかし、この考えは間違いです。
そもそも、糖尿病は「生活習慣病」なのです。
例えば、肺炎などは細菌感染によるものですから
薬に頼らざるを得ないわけですが、
糖尿病は性質が全く異なる病気です。

 

本来薬物によって治す対象の病気ではないのです。

 

また、仮に糖尿病の人が薬物療法に頼って、
血糖値を下げたとしましょう。

 

その結果に安心して、
食事療法や運動療法をやめてしまったらどうなるでしょうか?

 

血糖値は再び上昇し、
すい臓のインスリン分泌機能はどんどん衰えてしまいます。

 

その結果、糖尿病はさらに悪化してしまうのです。

 

食事療法や運動療法は、
糖尿病治療のベースです。

 

これらと並行して効果的な薬物療法を行い、
血糖値が安定すれば、薬をやめられる場合もあります。
なによりも、根気強く治療に取り組むことが大切です。

>>血糖値サプリ口コミランキング<<