バランスの良い食事は野菜を増やすことが大切です

野菜はいろいろなところで、健康的という言葉が聞かれて
食べたあとにバランスの良い食事をしましょうという言葉を見た人は多いですね。
もう、何回も聞いたことなので、理解していると思っている方もいますが
これは、実際に結果が出た方が多いので伝えられています。
研究の結果を実際の食べた方のメニューで、調べてみましょう。

 

朝の食事 トースト、目玉焼き、カフェオレ

昼の食事 スパゲティーミートソース、ジュース

夜の食事 から揚げ定食

 

サラリーマンや主婦の方でこのようなメニューをとっている方は とても多く、標準的です。
パン、麺、ご飯を食べているので、種類は豊富だと思っていないでしょうか。
このようなメニューは、バランスが悪いという結果になります。
どこが間違っているか、わかるでしょうか。
野菜の量が、圧倒的にたりないのです。
野菜の効果は、生活習慣病を予防するほかにも、体の調子を整えて
アンチエイジングや、自律神経を安定させる働きがあります。
健康を維持するために、必ずとってほしい栄養素が詰まっています。
医師がすすめるのは緑黄色野菜と淡黄色野菜をプラスして、350gとるのが 体に良いとアドバイスしています。
ここで最初に書いたメニューは、野菜の量は朝食はなしで、お昼と夕食をたしても100グラム以下で、少ないです。
医師がすすめる量の、3分の1以下になります。

 

 

野菜メニューを増やしましょう

 

朝食は、ホウレン草のソテーや、ニンジンの炒め物 わかめや、きのこ類の蒸し物。

 

昼食は、キャベツや玉ねぎの炒め物、ごぼうやレンコンの煮物
夕食は、ブロッコリーや青梗菜の蒸し物、海藻サラダ
いろいろな野菜を、蒸したり焼いたりして食べればお肉の食べ過ぎも防げます。
炭水化物やたんぱく質は十分とっているのですが、野菜がとれていない方が 多くいるので、注意して食べるようにしましょう。
面倒なカロリー計算よりも、いままでの食事でごはんや麺類を少し減らし
野菜を増やすと、自然にバランスがとれるようになります。
野菜の色も考えましょう。
緑、赤、黄色、黒、茶色と意識することで、いろいろな栄養がとれます。

 

>>血糖値サプリ口コミランキング<<


"