糖尿病改善にはカロリー計算が必要!

血糖値が上昇してしまうことで、糖尿病を発症してしまう1番の原因は
食事方法だと言われています。

 

では、具体的にはどのような食事方法が糖尿病を引き起こしてしまっているのでしょうか?

 

いろいろありますが1番の原因は過食です。
食べ過ぎはエネルギーの過剰摂取となり、
過剰な摂取は脂肪増加の元となってしまいます。

 

すると、ブドウ糖が血液中にあふれ、糖尿病になりやすくなります。
そうならないように過食を抑えるにはまず、医療機関で食事指導を受けましょう。
食事指導では1日の摂取カロリーの総量、ベストな食事量、
カロリー摂取量の見極め方を簡単に説明した上で、
具体的に解説した「食品交換表」の活用など、
糖尿病改善のための食事療法を教えてもらえます。

 

この食事療法で糖尿病を改善・予防したり、
血糖値をコントロールするのは糖尿病改善の基本です。
ですが、「カロリー計算は面倒」
「計算がストレスで余計食べちゃうから」
などといって、食事療法をしていない人はとても多いです。

 

それもまだ糖尿病の予備軍の人が進んでめんどくさいカロリー計算
はあまりしないでしょう。
ですから簡単かつ効果的な方法が必要なのです。

 

和食を中心に簡単に腹八分目のカロリー計算ができる!

 

そこでおすすめなのが、カロリー計算を「腹八分目」に置き換えることです。
一見簡単そうに見えても、1日の摂取カロリーを1600キロカロリーになるように三食のカロリーを計算ですることはとても難しいです。

 

でも腹八分目目安にしたら、感覚的に実践しやすくなるはずです。
ただ量を腹八分目にするだけでなく、メニューを和食中心にするのも重要です。
これは洋食や中華よりもあっさり系が多い和食だと、より楽にカロリー制限ができるからです。

 

「和食を中心に腹八分目」と聞くとどちらかというと知恵袋や迷信のように見えますが、
だれもがやりやすい方法であることは事実です。それにまだ糖尿病の予備軍の段階であるのなら、
糖尿病にならないようにするために高血糖になることや肥満の改善が期待できる食事法であるといえるのです。
あなたも、今糖尿病になっている、なってはいなくても気にしているのであれば、是非このような方法を実践してみてください!"

 

>>血糖値サプリ口コミランキング<<