DHA・EPAとは?

DHA(ドコサヘキサイン酸)とEPA(エンコサペンタエン酸)はサバやイワシ、サンマ、マグロ、カツオなどの、青魚の脂肪(油)にたくさん含まれるオメガ-3系の多価不飽和脂肪酸でα0リノレン酸の総称なのです。

 

牛や豚など獣肉の脂は常温で固まりやすい飽和脂肪酸なのですが、魚肉の油は常温の場合固まりにくい不飽和脂肪酸となります。
特に水温の低い北の海に住む魚の場合は、体の中の油が固まってしまうと生命が危険になってしまいます。
マイナス45度になるまで固まらないで体液を保つ特質をもっている、固まりにくい不飽和脂肪酸を体の中にに保つことで血流をよくしながら自分の体を守っています。
デンマークのダイアベル博士らのグループが、1975年頃にこのことを疫学的に統計をして報告をしたのです。

 

 

血栓をつくらせない魚の油

 

健康に良いと脚光を浴びるようになった魚の油はグリーンランド北西岸にいろエスキモ、イヌイットの集落での疫学調査からわかりました。
北極に住んでいるイヌイットの集落では魚やオットセイ、アザラシなどを主食としていて肉食中心の欧米人と比較すると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの虚血性疾患にかかるリクスが少ないことがわかっています。

 

このような調査は約10年ほど続けられて、欧米人とイヌイットの血液を比べると血液中の脂質にかなりの違いがあることがわかっているそうです。
牛や豚を主食に野菜を食べていて、魚をあまり食べない欧米人の血液の中にはアラキドン酸と言われる脂肪酸が多い事がわかっていて
それに対して魚やクジラ、アザラシなどの海の生き物を食べているイヌイットの血液にはアラキドン酸よりもDHAやEPAがたくさん含まれている事がわかったそうです。
つまり「さかなの油にはDHAやEPAが血栓を出来にくくし、動脈硬化なども防ぐ」事が明らかになっていったのです。
その後世界の研究者もさらに研究をつづけた結果、血栓を出来にくくしているのは魚の油にある、と結論づけました。

 

 

DHA・EPAは健康油の代表格

 

必須脂肪酸の代表格と言えば、DHAとEPA。
これらはマグロ、サンマ、イワシなどの
青魚に多く含まれます。
今特に注目されている健康油です。

 

前述の通り、調理法を工夫して、
賢く摂っていきたいですね。

 

サプリメントを利用するのもいいかもしれません。

 

上手に健康油を取り入れ、
生き生きとした毎日を過ごしましょう。